FC2ブログ

☆暖冬とは言うものの・・・☆

寒くなる前に


今日の名古屋の最高気温は9℃。
今シーズン一番の寒さがドンドン更新される毎日です。
初雪が観測されたところも沢山あったとのこと。
明日も寒いようですので、防寒対策を万全にお出掛け下さいね。



テニス
↑曇り空のもと、テニスを楽しみました

さて、今年は暖冬と言われていますが、やっぱり冬は寒いもの。
11月末頃のお休みの日、こんな穏やかな陽気はもう無いかもと思い、
主人とテニスを楽しみました。
それでも汗をかいても直ぐに冷えてしまっていたので、
本当にラストチャンスだったかもしれません。
これからの寒い季節、体が鈍らないよう毎日のエクササイズ、
そして縄跳びの回数を増やしていこうと思っています(笑)







しゅろのたわし
↑ずっと欲しかった、和歌山県産「しゅろのたわし」

12月に入ると《年末の大掃除》のこともそろそろ考える頃ですね。
でも私は、年末の寒い時期には頑張らないので、
1年を通してちょこちょこお掃除しています。
そして今日は、松坂屋で開催している《職人展》へ行って、
まな板を削ってもらい、ずっと欲しかったしゅろで出来たタワシを購入してきました。
まな板からは、久しぶりに銀杏の香りが漂い、たわしも今まで使っていた100均のものと
取り替えて、すっきり気分です
今年は、包丁をプロの元へ研ぎに出すなど、料理道具を見直すことの出来た年でした。
来年も大切に使って、お料理に繁栄できたらいいなぁと思っています

日曜日からはまた少し暖かくなるみたいです。
寒くなる前のチャンス!
やらなければならない事、どんどん済ましてしまいましょうね

☆一菓一紅☆

きよめ餅 ✕ 和束紅茶



きよめもち

お菓子: きよめ餅 (きよめ餅総本家/名古屋)




















和束紅茶

紅茶:和束紅茶 (京都・宇治)




















和束茶葉
↑有名な宇治茶の産地「和束」で採れた希少な紅茶

小さい頃から、熱田神宮へお参りに行くと必ずお土産に買っていたのが《きよめ餅》。
先日、久しぶりに訪れた際に、きよめ餅の本店へ足を運ぶと、
見慣れないきよめ餅が!
土日祝限定で販売されている、“きな粉餡”のきよめ餅でした。
なんて素敵なコラボレーションなのでしょう。
ふわふわのお餅の中には、上品な甘みと豊かなきな粉の香りが
一段と格調高い風味となって、詰め込まれていました。
そんなお菓子に合わせたのが、京都の宇治で作られた《和束紅茶》。
色・味・香りともに、バランスのとれたとても品の良い紅茶です。
お互いを高め合いつつも、それぞれの個性はさりげなく主張する。
落ち着きのある冬のはじまりにベストマッチなペアリングです

☆師走☆

四季桜


今年もあっという間に12月を迎えました。
これまで無事過ごせた感謝と共に、残り僅かな令和元年も
笑って過ごすことができますようにと祈るばかりです。

シキザクラ
↑紅葉と共に楽しむことが出来る四季桜。

さて先日、主人と久しぶりに熱田神宮を参拝しました。
境内を歩いていると、美しい紅葉の横に可憐な桜の花が。。。
四季桜だそうです
富士桜、豆桜ともいわれるそうですね。
この時期に桜の花を見上げると、本当に雪が降っている様に見えるから不思議。
心身を清めた後に、美しいものを眺められて嬉しかったです。

これから本格的な冬へと季節は移り変わります。
どうぞ、空気の乾燥に気を付けながら
暖かくしてお過ごし下さいね

☆男子校の歌劇団☆

カヅラカタ歌劇団 第17期公演


先日、名古屋市にある東海中学校・高等学校という男子校の生徒が毎年行っている、
「カヅラカタ歌劇団」を観劇して来ました。
以前から噂を聞き一度観てみたいと思っていたので、とても楽しみに出掛けてきました。


講堂
↑昭和6年に建てられた講堂で、現在では国の登録文化財に指定されているそうです。

こちらの東海中学・高校は、昨年創立130周年を迎えられた、
仏教精神に基づく中高一貫教育に情熱を傾けている伝統校です。
卒業生では、テレビで観ない日は無いくらい超売れっ子の予備校講師・林修さんや、
スタジオジブリの元社長・鈴木敏夫さん、建築家の黒川紀章さん、
元総理大臣・海部俊樹さん、最近ではメルカリの創業者・山田進太郎さんをはじめとする、
国会議員、県知事、市長、大手企業の社長、哲学者、小説家、俳優、キャスター等、
多彩な人材を輩出しているようです。
そんな学校の生徒達が演じる舞台、興味ありますよね!












展示1
↑舞台衣装

このカヅラカタ歌劇団(タカラヅカを逆に読む)は、
2003年9月の東海高校記念祭(文化祭)がきっかけだったそうで、
当時ご縁のあった宝塚歌劇団月組の天野ほたるさんが講師となってくれたこと、
そして当時評判だった男子高校生のシンクロナイズドスイミングをヒントに、
男子高校生による宝塚ミュージカルという企画を学生自身が立案したのだそうです。
この自主性を見守り育む姿勢が素晴らしいなと感じます。













展示3
↑今年の春の新人公演で着用した仮面

この豪華絢爛な衣装は、保護者会が担当しているそうです。
父母同士との提携によるもので、名古屋で有名な貸衣装店、
名古屋モード学院も協力しているそうです。
大きすぎたり小さすぎたりすることの無い、それぞれの体に合った素晴らしい衣装で、
その辺の学芸会とは一線を画します。
舞台や音響、照明、カメラ、記録は専門学校が担当し、
メイクもプロのインストラクターに施しもらっているとのこと。
宝塚さながらの美しさに驚きです









展示2
↑新人公演での衣装

ポスターやパンフレットも本家に負けないくらい情熱的で、
中高校生の舞台だとちょっと甘くみていた自分が恥ずかしくなるくらい
立派なものでした。
入場料は無料。
保護者会や友の会などからも支えてもらっているようです。
皆で作った歌劇団なのですね



























会場
↑会場となった講堂内

この度の演目は「スカーレット・ピンパーネル」
革命後のフランスを描いた、恐怖政治が始まり先の見えない世の中で
公安委員に阻まれなが元国王の息子を救出する
スカーレット・ピンパーネル団の話です。

こんな感じで拝見することができました
オーケストラピットには、東海学園交響楽団の生徒達。
開演までの間、ベートーヴェンの「運命」を演奏してくれたのですが、
特にバイオリン等の弦楽器の歯切れがとても素晴らしく、
これだけでもとても楽しく過ごすことができました


さぁ、待ちに待った開演です!
以前こちらのブログでも紹介しましたが、宝塚で本場の宝塚歌劇団の舞台を
拝見したことがあります。
だから、そんなに宝塚を意識しすぎちゃって大丈夫かな。。。と心配していましたが、
本物に負けないくらいの迫力と、歌の上手さに驚きました!!!!
ボイストレーナーが付いているようなので、きっと日頃からかなりのトレーニングを
積んでいることがわかります。
声変わり前の生徒さんは、子供や女の子役で、本当に女の子みたいに可憐なんですよ。
宝塚さながらのディテールの美しさと、何より演者の堂々とした佇まいに
安心して拝見することが出来ました。
きっと皆さん演じるに当たって研究されたのでしょうね。
そのこだわり様、さすが東海生です。










終演後
↑終演後の写真撮影

休憩を挟みながら約3時間の舞台。
最後まで手を抜かず頑張る姿に感動しました。
これで最上級生の高2の団員は卒業するのだそう。
昨年卒団した只今受験に向けて猛勉強中の元団長が、現団長に花束を渡す姿を見て、
この劇団がこれからも益々繁栄していくと良いなぁと思うと共に、
いつかきっと、ここから未来のスターが輩出されるようなそんな予感も(笑)

とても有意義で心温まる素敵な観劇の時間となりました。
皆さんお疲れ様でした。そして、
ありがとうございました

☆おやつの時間☆

Sableya


今朝の名古屋はの気温は5℃を下回ったようで、
主人が今朝着ていった秋用コートではちょっと寒かっただろうなぁと、
冬用コートを準備しておかなかった事に少々後悔。
着実に季節は秋から冬へと変化しつつありますね
お部屋の湿度と温度も上手くコントロールしながら、風邪など引かないように
細心の注意を払わなくてはと思う今日この頃です。

サブレ
↑バターサブレアソート 

そんな私の風邪対策はやっぱり紅茶!
カフェインやタンニンなどの成分が免疫力を高めてくれます。
その上、おやつのペアリングにもピッタリ
今日も、友人に頂いた日本橋高島屋S.C本館にある
サブレ専門店「サブレヤ」のサブレでティータイム。
焦がしバターとバターリッチの2種類の食べ比べです(笑)
バターの風味を楽しみたい方にはたまらない、
幸せの香りを味わうことができることでしょう。
ちなみに合わせた紅茶は、大好きなディンブラをブラックで
お気に入りの紅茶と共に、季節の変わり目を元気に乗り越えましょう

☆歴史ある建物で☆

THE KAWABUN NAGOYA


11月に入った金曜の夜、
東京から用事でこちらへ来ていた友人と久しぶりのディナーを楽しみました。
この度チョイスしたお店は、名古屋の老舗料亭「河文」が運営している
「THE KAWABUN NAGOYA」
イタリアンのお店です。
友人のこの日の宿が近く、私も一度訪れてみたかったので、
お店選びに困ることはありませんでした

早速、ご紹介します!

外観
↑外観

THE KAWABUN NAGOYAは、老舗料亭 河文の旧座敷跡に佇みます。
約400年の歴史と伝統を受け継いでいるようで、店内は老舗ホテルに似た
重厚感や飾り立てない品の良さを感じます。
4階建ての建物の2階以上はウエディング専用のフロア。
チャペルもあるそうですよ。
食後にお酒を楽しめる雰囲気の良いBarも完備。
大人の社交場といったところです。








この日のコースメニューです!!



1st Appetizer
↑1st Appetizer

《ズワイガニと今市蕪のクルード》です。
陸と海の融合です。
ズワイガニの旨味が程良い一品でした。











2nd Appetizer
↑2nd Appetizer

《仔牛 トンナータ セミドライトマトのサルサ》です。
お酒に合わせたかったなぁ~。












Pasta
↑Pasta

《淡路産玉ねぎのアマトリチャーナ タリアテッレ》です。
抑えめな量に見えますが、満足感のあるパスタでした。
楽しい話と美味しいパスタで、幸せなひととき~













Dessert
↑Dessert

《アフォガード エスプレッソのグラニテ》です。
大好きなアフォガードを久しぶりに食すことができて、
これまた満足なデザートとなりました














Tea
↑Tea

最後は、心落ち着く〆の一杯。
パスタとデザートの間にメインの《南知多ハッピーポークのハーブグリル》がありましたが、
話に夢中で撮り忘れていたみいです、すみません
愛知のブランド豚「ハッピーポーク」ですが、柔らかくて旨味満点の
美味しい豚肉です。
ぜひ、どこかで出会った時には召し上がってみてくださいね

店内は結構賑やかで、2時間の時間制限があるせいか、
いつものように余りのんびり食べられませんでしたが、
待たせられる等のストレスはありません。
逆に、無駄な動きが見受けられない無いスタッフの皆さまの姿と
弾けんばかりのスマイルが、「さすがレストラン・ウェディングもされているだけあるなぁ~」と、
ホスピタリティーを感じ、とても気分が良かったです。
ぜひ、また利用したいと思える素敵なお店でした





ザ・カワブン・ナゴヤの公式ホームページはこちらです!

☆冬将軍☆

今朝の空


ここ数日の昼間は、穏やかでとても過ごしやすい陽気でしたが、
明日から早くも冬将軍が大陸から襲来してくるようですね。
我が家は先週、一足早くこたつの準備をし(点灯式はこれからです)、
今朝は毛布の準備を。


並木道
↑今朝のさんぽ道

今朝はゴミ出しをした足で、マンションの外周をおさんぽ。
朝の澄み切った空気は本当に美味しい~










寄せ植え
↑寄せ植え

そうそう、先日主人の実家で寄せ植えのお手伝いをしたら、
お土産にシクラメン、ビオラ、パンジー、アイビーを頂いたので、
早速寄せ植えをしました。
この鉢は常滑焼で、実父が選んでくれたもの。
生徒さんに頂いたミントやローズマリーも添えて、
全て頂き物での完成です!(笑)
寒くなりますが、これで見た目あったか~い気持ちになれそうです

これから冬本番を迎えます。
どうぞ温かい紅茶を飲んで、
風邪やインフルエンザ対策してくださいね

☆誕生日ランチ☆

野むら


またまた遡ること10月のある日。
学生時代の友人達と、秋のお誕生日ランチを楽しみました。



アプローチ
↑店へと続くアプローチ

この度の会場は、四谷通りに面した「創意和食 野むら」というお店
お店の階段を上がって奥へと進んで行くと、和を感じさせるアプローチへと続きます。
更に上へと上がり、いよいよ店内へ。












ハマグリ丼
↑ハマグリ丼

店内は和のテイストを活かした様々な個室があり、子供連れのママにも人気のお店だそうです。
私達はテーブルが4つ程並ぶ大部屋へ。

さてこの日のランチメニューは、前もって予約しておいた《ハマグリ丼》
料理長自慢の一品の様で、また何とも縁起が良さそうじゃありませんか。
魚介が大好きな私は、迷わずこれと決めました!
ふわふわ卵もたっぷりのって、ゆっくりじっくり味わいました。















小鉢
↑小鉢に茶碗蒸し

ミニ刺身に香の物、見た目プリンの様な美味しい茶碗蒸しも一緒に。













チーズケーキ
↑デザート

デザートは小振りで可愛いチーズケーキ。
お豆腐みたいですよね。
私にとって、もうちょっと食べたいな~と思う量でしたが、
これくらいが丁度良いのかもしれません。
とってもほっこりとした気分になる美味しいお食事でした

相変わらず話が止まらず長居した後、
玄関で店長さんにご挨拶すると、友人の一人とその店長さんがお互いに「エッ!!!」と。
どうも知り合いだった様です、笑。
これも何かのご縁がなので、またぜひ利用させて頂こうと思っています。
ご馳走様でした。
そして、お誕生日をお祝いしてくれた皆にも感謝






=野むら=
住所:〒464-0819 愛知県名古屋市千種区千種区四谷通3丁目23−2
電話番号:050-5869-8042
営業時間:【月・火・木~日・祝・祝前】
 ・ランチ 11:30~15:00(L.O.14:00)
 ・ディナー 17:30~22:30(L.O.20:00)
定休日:水曜日(団体様の予約は要相談)

☆お惣菜のお店☆

Bleu Tablier(ブルー・タブリエ)


あっという間に霜月ですね。
朝晩の寒暖差が大きくなり、紅葉の名所でも、
まるで絵の具のパレットを広げたような美しい色づきで、
私たちを魅了してくれています。

ところで、すっかり更新が遅れてしまい、すみません
お伝えしたいことは沢山あるのですが、なかなかゆっくり書くことが出来ず。。。
一先ず、10月に気まぐれで立ち寄ったお店のお話を



パッケージ
↑シンプルなパッケージ

10月22日。
「退位礼正殿の儀」が行われましたね。
テレビの前でその厳粛な儀式を拝見した後、親戚の家へご挨拶に出掛けてきました。
今年90歳になる義伯母と主人と3人で約2時間ほど会話に興じ、帰宅の途へ。
ちょっとお腹もすいたので、義伯母の家からほど近いお惣菜のお店へ入ってみました。
閑静な住宅街の中の通りに面した可愛いお店「ブルー・タブリエ」
小さなお店ですが、オープンキッチンでとてもおしゃれな店内でした。
どうも1年半前ほどにオープンしたそうです。

沢山のお惣菜に、揚げたてを提供してくれるコロッケやメンチカツ。
要予約でこれらを使用した行楽弁当も作って下さるそうです。
店内での飲食も可能で、カレーやオムライス弁当などがありました。
何より、初めてだった私にとても優しく丁寧に対応してくれる、
素敵なお店です。

主人を車で待たせていたので、早く決めなくちゃ!と決めたのが、
クロワッサンドと食パンのサンドイッチ。
サンドイッチは5種類の中から選べます。









サーモンとチーズのクロワッサンサンド
↑スモークサーモンとクリームチーズのクロワッサンサンド

スモークサーモンとディルの香りがたまらないクロワッサンサンド。
クリームチーズとも本当に良く合います。
具だくさんで小腹は簡単に満たせる量です。













オムレツサンド
↑塩麹食パンのオムレツサンド

こちらはシンプルに、塩麹を使用して焼いた食パンに、オムレツをサンド!
たまごが大好きな私にはたまらない一品でした。
今度は揚げたてのコロッケや、ちょっと家事をさぼりたい時に
お惣菜でも買ってみようかなぁ~。



丁度お邪魔した時、店内にはテレビ局のカメラマンさんがいらしゃいました。
11月8日(金)メーテレ(名古屋テレビ)夕方の情報番組「アップ!」内で
お店が紹介されるそうです(私は映っておりません)。
ちょっと気になる東海地方の方々は、ぜひご覧くださいね




ブルー・タブリエの公式ホームページはこちらです!

☆Happy Halloween!☆

ハロウィン


今日は令和最初のハロウィンです
皆さん今年は何に変装するのでしょうか?

バスクチーズケーキ
↑北海道のえびすかぼちゃを使ったチーズケーキ

我が家はかぼちゃのバスクチーズケーキと共に楽しみます。
Have a nice trick-or-treating

☆パトニー紅茶会☆

ヴィクトリア時代のクリスマス

ここのところ季節が逆戻りの陽気でしたが、やっと平年並みに戻りつつありますね。
秋も深まり、そろそろ冬の足音が。。。
今年も楽しいクリスマスの季節がやってきます。


クリスマスツリー


さて、2019年最後のパトニー紅茶会のテーマは、
もちろん「クリスマス」です
ヴィクトリア時代のトラディショナルなクリスマスを学びながら、
心温まる紅茶やお菓子と共に、
令和最初のクリスマスをご一緒に楽しみましょう。

☆場所:Putney Saloon 八事教室
☆会費:4,000円(税込) 
☆日時:11月2日(土)~12月25日(水)の火曜~土曜日
 (1)11:00~ (2)13:30~のいずれか。
☆持ち物:筆記用具


レギュラーコース修了者限定の紅茶教室です(フルート教室の生徒さん参加可)
(対象外の方、是非レギュラーコース


まだ、ご予約されていない生徒さんは、お早めのご予約をおすすめ致します。
心よりお待ちしております


ご予約はこちらまで

プロフィール

小川 忍

Author:小川 忍
SHINOBU OGAWA
10月生まれの天秤座。
2006年より 紅茶教室
「putney saloon」主宰。
八事教室、教育機関、出張教室等で活動。
パットニーサルーンホームページ

putney カレンダー

11 ≪│2019/12│≫ 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

Copyright © 小川 忍