FC2ブログ

☆一菓一紅☆

バターサンド ✕ ダージリン紅茶



バターサンド

お菓子: ミゼラブル (ヴィタメール/ベルギー)



















紅茶

紅茶: ダージリン1st (ハーネスベッグ茶園/インド)   















茶葉
↑甘い香りが特徴の春摘みダージリン紅茶

ベルギーの伝統菓子「ミゼラブル」。
ベルギー庶民の間で昔から作られている手のひらサイズのお菓子で、
アーモンドスポンジの中にフランボワーズのバタークリームが2層入っています。
ミゼラブル=「哀れ」を意味する名前の由来は、
牛乳を節約するために水を使ってバタークリームを作ったためだそう。
でもそれが、バタークリームを思った以上に軽い仕上がりへと変えて、
丁度良い満足感が得られるのです。
それに合わせた紅茶は、春摘みダージリンをストレートで。
一見お菓子にパンチがあり過ぎるのでは?とミルクティーを選択するのが妥当なのですが
これが意外とストレートでもお互いの豊かな味や香りを引き立て合うのです。
それに貴重なダージリンの春摘み紅茶をミルクでいただくのも、
何だか気が引けてしまいますしね。
バターケーキは他にも、ラムレーズンやバニラ味があり、それぞれとても魅力的な美味しさ。
ぜひ一度ご賞味ください

☆一菓一紅☆

広島メロンパン ✕ キャンディ紅茶






メロンパン2

お菓子:広島メロンパンいちごくりーむ入り (八天堂/広島県・三原)


















紅茶

紅茶:キャンディ (スリランカ)


















茶葉
↑名前が可愛いだけではなく、飲みやすさでも人気の紅茶

以前ブログで少しお話した、近所のスーパーで手に入る
お気に入りの八天堂「広島メロンパン」。
最近、いちごくりーむバージョンがお目見えしたので、早速ご紹介いたします。
通常《カスタードくりーむ》が入っている場所に、見た目にも甘そうな《いちごくりーむ》を。
メロンパンの生地は外はカリッと中はしっとり、全体的に甘みがしっかりついているので
くりーむの量はちょうど良い感じです。
キャンディ紅茶をストレートで合わせれば、お砂糖要らずの幸福感が漂います。
そろそろいちごともお別れの季節。
名残惜しい気持ちと一緒に美味しく頂きました

☆一菓一紅☆

生ちんすこう ✕ 秋摘みダージリン


菓子

お菓子:生ちんすこう (美味食彩 花 / 沖縄・石垣島)













紅茶

紅茶:ダージリン オータムナル(サマビョン茶園/インド)














茶葉
↑コクと甘みが備わった、春摘みとはひと味違う秋摘みダージリン

生徒さんに頂いた沖縄・石垣島土産の生ちんすこう。
「生」と付くだけあり、外はしっとりとした優しい食感です。
でも中はサクッとしていて、楽しい歯ごたえでした。

そんな今回のお菓子のお供は、2019年秋摘みダージリン。
ファーストやセカンドのすっきりとした味わいとはまた違う、
コクと甘み豊かな紅茶です。
一口食べて紅茶を飲むと、バターの口溶けと共に
沖縄の岩塩のうまみがより引き立ち、
相乗効果が生まれます。
これはベストマッチ!と言えるほどの美味しさに驚き。
秋摘み以外のダージリンでもきっと良く合うと思うので
機会があればぜひお試し下さいね。
ごちそうさまでした

☆一菓一紅☆

レモンケーキ ✕ ニルギリ紅茶



島ごころ

お菓子:島ごころ ((株)島ごころ/広島・瀬戸田)















紅茶

紅茶:二ルギリ (インド)

















茶葉
↑すっきりとした味わいのインド産・ニルギリ紅茶

先日 遊びに来てくれた友人が、お正月休みに出掛けた広島旅行のお土産に
買ってきてくれたレモンケーキ。
国産レモン日本一の産地・広島県尾道市瀬戸田町で生まれた「島ごころ」という
名前の焼き菓子です。
瀬戸田は私にとって縁のある大切な場所。
そんな瀬戸内海の潮風と豊かな太陽の恵みに育まれたレモンを使ったこの焼き菓子に
合わせたのがニルギリ。
スッキリとした味わいのニルギリは、微かにレモンフレーバーを感させる爽やかさがあります。
お菓子の風味を損なわせるようなクセも無い紅茶との相性は、ベストマッチなペアリング。
あっという間に、2つの島ごころをたっぷりの紅茶とともに・・・
ごちそうさまでした

☆一菓一紅☆

きよめ餅 ✕ 和束紅茶



きよめもち

お菓子: きよめ餅 (きよめ餅総本家/名古屋)




















和束紅茶

紅茶:和束紅茶 (京都・宇治)




















和束茶葉
↑有名な宇治茶の産地「和束」で採れた希少な紅茶

小さい頃から、熱田神宮へお参りに行くと必ずお土産に買っていたのが《きよめ餅》。
先日、久しぶりに訪れた際に、きよめ餅の本店へ足を運ぶと、
見慣れないきよめ餅が!
土日祝限定で販売されている、“きな粉餡”のきよめ餅でした。
なんて素敵なコラボレーションなのでしょう。
ふわふわのお餅の中には、上品な甘みと豊かなきな粉の香りが
一段と格調高い風味となって、詰め込まれていました。
そんなお菓子に合わせたのが、京都の宇治で作られた《和束紅茶》。
色・味・香りともに、バランスのとれたとても品の良い紅茶です。
お互いを高め合いつつも、それぞれの個性はさりげなく主張する。
落ち着きのある冬のはじまりにベストマッチなペアリングです

☆一菓一紅☆

フロランタン ✕ エロス



フロランタン

お菓子:フロランタン (モン シェフ/千葉)








紅茶

紅茶: エロス (マリアージュ・フレール/フランス) 








茶葉
↑ハイビスカスとモーブの花に彩られた恋人達のお茶。

アーモンド、レーズン、チェリーのしっとりとした食感と、
甘く香ばし中にほろ苦さを感じる大人好みのお菓子・フロランタン。
安らかな香り広がる紅茶と共に、口の中に広がるキャラメルの風味が
誰もを虜にしてしまいそう。
これから迎える梅雨時の午後のおもてなしに

☆一菓一紅☆

朔日餅 ✕ ヌワラエリア



雪餅

お菓子: 雪餅 (赤福/三重県・伊勢) 













紅茶

紅茶: ヌワラエリア (スリランカ)














茶葉
↑緑茶に似た渋みを持ち、スリランカで一番高い場所で育てられた茶葉です。

明けて一日、伊勢には「朔日参り」という風習が今も息づき、
伊勢名物の赤福では、その日限定の月替わり餅菓子で参拝者をお迎えしているそう。
その縁起の良いお菓子、お伊勢さんまで行かずして店舗や自宅で頂くことができるのです。

12月1日、事前に予約を入れておいた「雪餅」を無事頂いてきました。
もろこし粉入りの餅生地でこし餡を包み、うっすら雪化粧したかのような
この季節らしいお餅です。
そんな餅菓子に合わせて紅茶は、スリランカ産のヌワラエリア。
緑茶に似た渋みと、こし餡の甘みが程よく合います。
ただ、もう少し後味にパンチがあってもと思ったので、
同じくスリランカ産のキャンディという紅茶を合わせても良さそうな気がします。

無事にひと月を過ごせたことに感謝しつつ、
新しい月も健やかに過ごせますようにと祈りながら、美味しく頂くことができました

☆一菓一紅☆

レモン羹 ✕ ニルギリ紅茶



レモン羹

お菓子: レモン羹 (美濃忠/名古屋)

















紅茶

紅茶: ニルギリ (インド) 















茶葉
↑ほんのり柑橘系の味わいがするニルギリ紅茶。

レモンを浮かべた紅茶を羊羹に。
そんなお菓子が名古屋の老舗和菓子屋さん「美濃忠」にて、
夏季限定で販売されていました。
ご覧の通り、紅茶に見立てた羊羹の上にレモンがそのままのっています。
口いっぱいに甘~い紅茶の香りが広がり、レモンの酸味が良い刺激。
そんなお菓子の風味を邪魔しない、ニルギリ紅茶は、
クセが無いく、どことなくレモンのような柑橘系のすっきりした味わいがあるので、
このようなお菓子にピッタリです。
夏休みに遊びに来た姪っ子のおやつにもしましたが、
美味しいと言いながらペロリと食べてしまったくらい。
また来年発売されたら是非お試し下さいね

☆一菓一紅☆

栗きんとん ✕ ケニア紅茶



夏の栗きんとん

お菓子: 栗観世 (恵那・川上屋/岐阜)
















アイスティー

紅茶: ケニア (東アフリカ)















茶葉
↑CTC製法(非伝統的製法)で作られたコロコロっとした独特の形をした茶葉


夏場でもホットティーを飲む習慣があるものの、
さすがにこの猛暑では冷たい物を欲します。
そこでクセが無く、水色の美しいケニア紅茶でアイスティーを入れました。
この紅茶に合わせたお菓子は、栗きんとんを優しく包んだ涼やかな夏の和菓子。
ぷるんとした食感と共に栗きんとんの甘みが程よく口の中に広がります。
また、あえて甘みを付けずに淹れたアイスティーが、
栗きんとんの味わいを壊すこと無く、すっきりと口の中を洗い流してくれました。
何となく食欲が落ちる時季ですが、のどごしの良い物を選びながら、
体調管理にはくれぐれもお気を付け下さい

☆一菓一紅☆

フロランタン ✕ アッサム



フロランタン

お菓子: 和風フロランタン (扉温泉・明神館/長野)
















紅茶

紅茶: アッサム (ディコム茶園/インド)














茶葉
↑しっかりとしたコクと香り豊かな味わいのアッサム紅茶

最中に包まれた和風フロランタン。
お隣の奥様から、旅のお土産に頂きました。
アーモンドと黒ごまの香ばしい香りに合わせた紅茶は、アッサム。
お菓子の風味を損なわず、更に甘みをも引き出してくれる紅茶です。
「お紅茶に合うと思って」と手渡して下さった通り、
とても味わい深い大人のティータイムを愉しむことができました。
旅先でふと思い出してくださったことに感謝して

☆一菓一紅☆

チーズタルト ✕ 和紅茶



チーズタルト

お菓子: チーズタルト・プレーン (PABLO mini / 大阪)













紅茶

紅茶: 豊橋・手摘み手もみ紅茶 2nd Flush (ごとう製茶/ 愛知・豊橋)













茶葉
↑《とよか》という品種のウンカ芽を使用した香り豊かな紅茶です。

アフタヌーンティーのお菓子にも似合いそうな直径6.5cmと小振りさが可愛いチーズタルト。
タルトはサクサク、チーズは濃厚で程よい焼き加減が絶妙です。
そんな美味しいタルトに合わせたのが、豊橋紅茶。
今までの和紅茶には感じることの無かった果実のような豊かな香りが印象に残る紅茶です。
それはまるでダージリンを飲んでいるかのよう。。。

この理由は《とよか》という品種の茶葉にウンカという昆虫を付け葉の汁を吸わせることで、
ファイトアレキシンという香りの正体となる物質が作り出される為、
より紅茶らしい華やかな香りが生まれるからです。
チーズとの相性も良くお互いを邪魔せず、香り味共に引き立て合っている気がします。

丁寧に摘まれ作られた国産紅茶。
これからも益々目が離せません

プロフィール

小川 忍

Author:小川 忍
SHINOBU OGAWA
10月生まれの天秤座。
2006年より 紅茶・フルート教室
「putney saloon」主宰。
八事教室、教育機関、出張教室等で活動。
パットニーサルーンホームページ

putney カレンダー

11 ≪│2020/12│≫ 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

Copyright © 小川 忍