FC2ブログ

☆神戸の特上パン☆

王様のカシミヤ食パン


先週の台風10号が過ぎても、
名古屋は秋雨前線の影響で、毎日の様に雨が降ったり止んだりしています。
あのギラギラした真夏が何だかちょっぴり懐かしい。

ところで、少し前になりますが、
近所のスーパーから、神戸発の美味しい食パンを1日限定で販売するとの情報が。
はいもちろん伺います(笑)


刻印
↑「グラン・マホロバ」の店名が刻印

神戸にお住まいの方ならご存じかと思いますが、
こちらのお店は神戸モリーママという会社が経営しているパン部門の
「ブランジェリー Gran Mahoroba」
メイン商品なのが「ラスク」を中心とした焼き菓子で、
地元神戸ではもちろんネット通販やお土産品としても有名なお店のようです。
ラスクが美味しいならパンだってと、期待を込めて。










食パン
↑ふわっと!もちっと!

王様のカシミヤ食パン1.5斤をカットしてみました。
カシミヤの様な特上食パンということで、
ふわっともちっと程よい弾力が特徴のようです。
確かに、カットした時の感覚はとってもキメ細やかな滑らか新食感。
これをトーストするのが一番美味しいというので、
早速翌日の朝、分厚くカットしてバタートーストに。
サックリ耳まで美味し~く頂けました
良質な国産小麦粉は北海道産の「ゆめちから」。
また神戸の天然水を使い、自家製湯種オリジナル製法にこだわっているそうで
香ばしさがイイですね
その後も、チーズやジャムで変化を付けながら愉しんでいます。








パッケージ
↑オレンジ色が目を引くパッケージ

お土産にも喜ばれそうなパッケージ
ショップは神戸空港と新幹線新神戸駅構内のみだそうですが、
ネット販売でのお取り寄せも可能なようです。
チャンスがあればお手に取ってみて下さい


Amazonショッピングサイトはこちらです

☆旬の果物☆

丸ごとピーチ


ただいま桃の最盛期!
桃が好きな方は沢山いらっしゃると思いますが、
私も「桃の~」とつくものにはつい手を伸ばしてしまうタチです。
ただ、この桃のケーキは知らなかった~

丸ごとピーチ
↑丸ごとピーチ

ダウニーの「丸ごとピーチ」というケーキです。
ケーキと言うより、ほぼ桃!
小さなスポンジの上にシロップ漬けの桃が丸ごと乗っています。
先日、妹とLINEをしていた時に、
「今日はこの後、今年も丸ごとピーチがはじまったから買いに行ってくる~」というので
詳細を聞いている内に、私のお腹もどんどん桃モードへ。。。

その日は午後にフルートのレッスンがあったので、
終わったら買いに行ってみよう♪と思っていましたが、
無くなっちゃったらどうしようと急に不安になり、
レッスン前に買いに行ってきました(笑)

ダウニーとは名古屋にお住まいの方はよくご存じだと思いますが、
カリフォルニアホームメイドスイーツのカフェ
たまたま我が家から歩いて行ける距離にも支店があり、
時々ケーキやクッキーを購入したり友人とのティータイムに利用しています。

まだ午前中だったので、運良くショーケースには桃の姿
レッスン中に冷蔵庫でよーく冷やして、
レッスン後のお楽しみに、沖縄産のさんぴん茶(ジャスミンティー)とともに頂きました。

桃の中にクリームが入っているのですが、
それすら感じさせない桃感
主人曰く「普通に桃でいいんじゃない?」って(笑)
確かに。。。でもやっぱり違います!
桃好きにはたまらない一品に違いありません。
久しぶりに連絡をくれた近所の友人に勧めたところ、
やはり見た目のインパクトにやられていました。
妹よ、ありがとう

特に桃が大~好きという貴方、
巷で噂のおいしいケーキ「丸ごとピーチ」、ぜひご賞味あれ

Cafe Downeyの公式ホームページはこちらです!

☆お持ち帰りランチ☆

西本のうなぎ


皆さまいかがお過ごしですか。
私は、そろそろ美味しいものが食べたくなってきました
一番最初に思い浮かんだ食べ物は、鰻。
そして一番最初に思い浮かんだお店が、西本!
もう行くしかありません

西本
↑馥郁たる鰻の香りに包まれた西本

愛知県は緊急事態宣言が解除されたとは言え、我が家はまだまだ自粛ムード。
店内で食べる勇気もまだちょっとないので、お持ち帰り用をお願いしました。
久しぶりにお店に入ることができる喜び。
更に大好きな鰻ですから、これまで我慢した甲斐がありました














お持ち帰り用
↑お持ち帰り用の折詰

店内で焼いてもらうのを待っている間、客層を見ていると
やはり年配の方が多いですね。
特に女性。
やっぱり鰻が長寿の秘訣なのかしら。。。












うなぎ丼
↑うなぎ丼

紀州備長炭でカリッと焼いた、まだ温か~い うなぎ丼
店内で食べている時に感じる品の良さが、自宅で食べる折詰からも感じられます。
私には丁度よい分量で、心もお腹も満たされました。
新型コロナ対策の生活にも少しは慣れてきましたが、
これで何とかもう少し頑張れそうな気がしてきました(単純)
あ~、本当に美味しかった
西本さん、ご馳走様でした。
感謝




うなぎの西本の公式ホームページはこちらです!

☆お取り寄せご当地カレー☆

おうちに居ながら


皆さん、いかがお過ごしですか?
おうちでのんびりとされている方が殆どかと思いますが、
毎日三度の食事支度をする主婦の皆さま、
本当に本当にご苦労様でございます。

五島軒カレー
↑五島軒のインドカレー(辛口)

そんな私も、さすがにたまには外で気分転換に食事したい気分
でも今は我慢がまん。
そこで閃き、パントリーから取り出したのがこれでした。
北海道 函館にあるレストラン「五島軒」のインドカレー 
以前お取り寄せしたもので、すでに英国風カレーは美味しく頂きました。
さてインドカレーにも期待を込めて、早速サラダ・スープ・副菜作りに!
7種の野菜にアマニ油とハーブソルトを掛けたサラダと、
ズッキーニと人参とえのきのコンソメスープ、副菜には厚揚げと小松菜としめじのソテーを。










五島軒カレー2
↑創業明治12年の老舗の味

さて、こちらが五島軒のインドカレーです!!!
辛いけど、病みつきになる味の奥深さ。
主人は2口目くらいでもう汗をかいていましたくらいです。
鶏肉がゴロゴロ入っていて、もうご飯が止まりません(笑)
原材料を見てみると、バナナの文字
りんごなら聞いたことがあるけど、そういうものですか???
でも自宅でも何とかこの味に少しでも近づけるよう、
次回入れてみようかなと思います。
しかし、パッケージも変わった様なので、念の為またお取り寄せしておこうかな












五島軒カレー3
↑アイスティーとカレーのペアリング

こんな時でも紅茶は素晴らしい効果を発揮してくれます。
インドでも紅茶と共に、スパイスを入れた紅茶などで愉しみます。
この度は、インドの紅茶《ニルギリ》を使ったストレートティーを淹れました。
甘みは一切付けていません(お子さんには少し付けてあげてもいいと思います)。
これで、口の中をさっぱりさせてカレーを美味しくさせる効果があり、
更にカレーが進みます
アイスティーは濃い目に淹れて下さいね

これで気分はもう北海道
お取り寄せやデリバリーを上手く活用して、
毎日の食卓をわくわくする時間に変えてみてはいかがでしょうか



五島軒の公式ホームページはこちらです!

☆福島の味☆

会津のお米でごんぼご飯


最近、鶯が上手に鳴いてくれるようになりましたね。
と言うのも、少し前まで「ケキョ」としか聞こえてこなかったので、
「あともう少し!」と心の中でエールを送っていたのです。
それが近頃「ホーホケキョ」と完成形を披露してくれるようになりました。
少し靄の掛かった春の朝に、その美声を響かせながら。
あとは桜の開花を待つばかり、ワクワクする季節の到来です


福島から
↑会津のコシヒカリとごんぼ飯の素

つい先日、主人の実家を訪ね、お昼ごはんをご一緒しました。
その時持参したのが、去年の私の誕生日に従妹が贈ってくれた会津の味、
《会津のコシヒカリ》とそれに合わせた《ごんぼ飯の素》です。
皆さんおわかりかとは思いますが、
ごんぼ=ごぼうです。
会津・立川産のごぼうを使用しているそうです。
間違いなく美味しいと思ったので持参し、炊かせてもらうことに。






ごんぼご飯
↑ごんぼご飯

こちらが炊きたてのごんぼ飯です。
出来上がった白米にごんぼ飯の素を混ぜ込むだけの簡単調理なのですが、
塩加減と甘さのバランスがとても良い味付けの、
美味しい《ごんぼ飯》が出来上がりました。
普段ご飯をおかわりするところをあまり見掛けたことのない主人の母も、
「とっても美味しいから、もう少しおかわり頂こうかしら」と喜んで箸を進めていました。
その日の夕食に主人に出したところ、予想通り「美味しい!」と好評でした。

心もおなかもほっこりする、会津のあったかごんぼ飯。
Kちゃん、本当にありがとう

☆晴れ時々パン☆

純生食パン


先日、主人と栄のテレピア前を歩いていたら、
ふと目に止まった一軒のパン屋さん。
「HARE/PAN」
名古屋市内の田辺通にある瑞穂店は日頃からよく見掛け、
いつか立ち寄ろうと思いながらも寄れずじまいだったので、
ここで入ってみることにしました。

純生食パン
↑和食料理人監修の純生食パン

翌朝、まずはそのままパン本来の味を愉しみました!
甘~い
今まで食べた生食パンの中でもかなり甘い方です。
そう言えば、お店の窓際でラスクを焼いていたことをふと思い出し、
「確かにこの甘さはラスクにしたら美味しいかも」と想像。
販売されているのかしら?
そしてご多分に漏れず、ふんわりもっちりの好食感。
しばらく毎日の朝食がいつも以上に楽しくなりそうです







袋2
↑爽やかな青い袋が目を引きます

「日本の食卓に合う食パンを」と、和食料理人監修のもと
ひとつひとつ丁寧に焼き上げられた食パン。
オリジナルのブレンド小麦粉を使用し、卵を使っていないそうなので
卵アレルギーの方にも安心ですね。
冷凍しても風味が損なわれること無く、美味しく頂けますよ。

北は秋田県、南は沖縄県まで、沢山の店舗を構えていらっしゃるようです。
お近くで見掛けたら、一度こちらの純生食パンを味わってみて下さいね


HARE/PANの公式ホームページはこちらです!

☆お土産のコンフィチュール☆

あんずジャム


今日は生徒さんからのお土産の美味しいジャム(コンフィチュール)をご紹介します


コンフィチュール
↑アプリコット&ハニー

こちらは、岐阜県高山市で有名なパンやさん「トラン・ブルー」で販売されているジャムです。
美食の国フランスに認められたこちらのジャムは、2009年に特別賞、
2010年には国際優秀賞を受賞されているのだそう。
マダガスカル産の濃厚なあんずとはちみつの味わいが口いっぱいに広がる
贅沢なフルーツジャムです
紅茶教室では焼き菓子に挟み込んでみたり、毎朝パンに塗って頂くなど
愉しませて頂いています。
私の手作りパンなんかより、トラン・ブルーのパンの方が活きるんだろうな~
なんて思ったりしながら(笑)
そう言えば、お正月の実家との食事会でもここのパン屋さんの話が出たんですよね。
今度ぜひ高山へ行った際には、興味津々トラン・ブルーへ立ち寄ってみようと思います。
Mさん、貴重なジャムをありがとうございました。
紅茶にもぴったりでとっても美味しかったです!
ご馳走様でした

TRAIN BLEUの公式ホームページはこちらです!

☆年始ランチ☆

The Living Room with SKY BAR


2020年のお正月も、七草がゆを食べる頃にはすっかりいつもの生活に。
今年最初の紅茶の紅茶教室では、テイスティングの際にカップに入ってしまった
ラプサンスーチョンの茎が茶柱となり、思い掛けず縁起が良いお茶を
提供することができ、生徒さんの笑顔にほっこりしました。
そう言えば、お正月休みの最終日にも“笑う門には福来たる”と言わんばかりに
学生時代の友人達と新年ランチを愉しみました。


名古屋駅
↑名古屋駅前から西の方角の眺望

いつも帰省した友人と共に忘年会を開催するのですが、
昨年はみんなの都合が合わず珍しく新年会ランチをすることに。
場所は名古屋駅前の三井ガーデンホテルプレミアのメインダイニングでした
行きたかったレストランはどこもお正月休みなんですよね~
そしてお食事も、私達の間では珍しくセミビュッフェスタイルに
今までビュッフェは、混雑した中わざわざ料理を取りに行かなければならなく、
その為話が中断するというイメージがあったので行ったことがなかったのですが、
メイン料理(パスタ、チキン、ポーク)があって、
パン・サラダ・スープにジュース・デザートのみのビュッフェスタイルなら
と試みたところ、とっても過ごしやすく楽しいランチになました。
特にこちらはのダイニングは広すぎず、人でごった返す事も無かったので
居心地が良かったですよ
何より、この眺めがテンションを上げてくれます
ホテルの最上階がメインダイニングになっているので、宿泊客をはじめ
一般のお客様もこの景色と共に食事を愉しむことが出来るのです。









セミビュッフェ
↑セミブッフェのデザート一部

メイン料理の写真を撮り忘れてしまったのでデザートの写真で、すみません。
左はお抹茶、右は名古屋コーチンのプリン。
特に名古屋コーチンプリンが美味しくて、結局時間内に3個も食べてしまいました。
小さいとは言え、ついつい食べ過ぎてしまうところがビュッフェの難点ですね
しかも、お正月なので1時間30分の時間指定がありましたが、
少し料金を追加してフリータイムに
一緒に席に着いていた周りのご婦人方の顔ぶれがずっと変わっていなかったので、
皆さんもそのシステムを活用された様です。
このおかげで、時間を気にすることなく卒業旅行の話にまで遡り、
お腹いっぱい笑顔もいっぱいの幸せな時を過ごすことができました。
次回の食事会はゴールデンウィークです。
今度は違うセミビュッフェかも(笑)



三井ガーデンホテルプレミアの公式ホームページはこちらです!

☆家族で食事会☆

櫓心祜


今回も、少しお正月を振り返ってみたいと思いますので、
宜しければお付き合い下さい

外観
↑昭和の古民家を利用した趣ある佇まい

毎年元旦は、主人の実家でお正月料理を皆で美味しく頂いて過ごします。
そして3日は、私の実家の両親と妹家族とで外食を愉しむことが
我が家の恒例行事となっています。
今年実家の食事会に選んだお店は、昨年予約が取れなかった
名古屋市天白区にある懐石料理の《櫓心祜》
昔ながらの歪みのあるガラス越しに中庭を眺めながら、
どこか懐かしさを感じさせる和のお部屋で3世代が集いました。
元旦生まれの父の誕生日と
無事に新しい年を迎えられたことに感謝する祝いの膳、スタートです












先付
↑先付

お正月らしく上品に彩られていました。












蒸物
↑蒸物

疲れた胃腸もほっとしそうな優しお味の茶碗蒸しでした。














お造り
↑お造り

口の中ですっと溶けて無くなってしまいます
















鍋
↑味噌鍋

名古屋コーチン肉の味噌鍋。
名古屋らしい一品に舌鼓















椀物
↑椀物

鱈のグラタン
自宅で作る鱈料理のレパートリーに加えられそう。














天ぷら
↑天ぷら

ふぐの天ぷら、美味しかったです
















御飯
↑御飯

鯛飯でおめでたい!














香の物
↑香の物

御飯に良く合うお漬物でした。














デザート
↑甘味

イチゴプリン
心ときめきますね

食事を済ませお年賀を贈り合いながらふと庭に目を向けると、
一匹の猫が縁側をふくよかな身体を揺らしながら歩いていました。
姪っ子たちは大喜びで近くまで駆け寄っていきましたが、
逃げること無くのんびり日向ぼっこ。
きっとこちらのお店の大切な「招き猫」なのでしょうね。

毎年誰か一人は風邪気味だったりするのですが、
今年はおかげさまで皆が元気に勢揃いすることができました。
暖冬とは言え、インフルエンザも流行っていますので
皆さまもどうぞお気を付け下さいませ。
そして穏やかに素敵な春を迎えましょう






「櫓心祜」の公式ホームページはこちらです!

☆歴史ある建物で☆

THE KAWABUN NAGOYA


11月に入った金曜の夜、
東京から用事でこちらへ来ていた友人と久しぶりのディナーを楽しみました。
この度チョイスしたお店は、名古屋の老舗料亭「河文」が運営している
「THE KAWABUN NAGOYA」
イタリアンのお店です。
友人のこの日の宿が近く、私も一度訪れてみたかったので、
お店選びに困ることはありませんでした

早速、ご紹介します!

外観
↑外観

THE KAWABUN NAGOYAは、老舗料亭 河文の旧座敷跡に佇みます。
約400年の歴史と伝統を受け継いでいるようで、店内は老舗ホテルに似た
重厚感や飾り立てない品の良さを感じます。
4階建ての建物の2階以上はウエディング専用のフロア。
チャペルもあるそうですよ。
食後にお酒を楽しめる雰囲気の良いBarも完備。
大人の社交場といったところです。








この日のコースメニューです!!



1st Appetizer
↑1st Appetizer

《ズワイガニと今市蕪のクルード》です。
陸と海の融合です。
ズワイガニの旨味が程良い一品でした。











2nd Appetizer
↑2nd Appetizer

《仔牛 トンナータ セミドライトマトのサルサ》です。
お酒に合わせたかったなぁ~。












Pasta
↑Pasta

《淡路産玉ねぎのアマトリチャーナ タリアテッレ》です。
抑えめな量に見えますが、満足感のあるパスタでした。
楽しい話と美味しいパスタで、幸せなひととき~













Dessert
↑Dessert

《アフォガード エスプレッソのグラニテ》です。
大好きなアフォガードを久しぶりに食すことができて、
これまた満足なデザートとなりました














Tea
↑Tea

最後は、心落ち着く〆の一杯。
パスタとデザートの間にメインの《南知多ハッピーポークのハーブグリル》がありましたが、
話に夢中で撮り忘れていたみいです、すみません
愛知のブランド豚「ハッピーポーク」ですが、柔らかくて旨味満点の
美味しい豚肉です。
ぜひ、どこかで出会った時には召し上がってみてくださいね

店内は結構賑やかで、2時間の時間制限があるせいか、
いつものように余りのんびり食べられませんでしたが、
待たせられる等のストレスはありません。
逆に、無駄な動きが見受けられない無いスタッフの皆さまの姿と
弾けんばかりのスマイルが、「さすがレストラン・ウェディングもされているだけあるなぁ~」と、
ホスピタリティーを感じ、とても気分が良かったです。
ぜひ、また利用したいと思える素敵なお店でした





ザ・カワブン・ナゴヤの公式ホームページはこちらです!

☆誕生日ランチ☆

野むら


またまた遡ること10月のある日。
学生時代の友人達と、秋のお誕生日ランチを楽しみました。



アプローチ
↑店へと続くアプローチ

この度の会場は、四谷通りに面した「創意和食 野むら」というお店
お店の階段を上がって奥へと進んで行くと、和を感じさせるアプローチへと続きます。
更に上へと上がり、いよいよ店内へ。












ハマグリ丼
↑ハマグリ丼

店内は和のテイストを活かした様々な個室があり、子供連れのママにも人気のお店だそうです。
私達はテーブルが4つ程並ぶ大部屋へ。

さてこの日のランチメニューは、前もって予約しておいた《ハマグリ丼》
料理長自慢の一品の様で、また何とも縁起が良さそうじゃありませんか。
魚介が大好きな私は、迷わずこれと決めました!
ふわふわ卵もたっぷりのって、ゆっくりじっくり味わいました。















小鉢
↑小鉢に茶碗蒸し

ミニ刺身に香の物、見た目プリンの様な美味しい茶碗蒸しも一緒に。













チーズケーキ
↑デザート

デザートは小振りで可愛いチーズケーキ。
お豆腐みたいですよね。
私にとって、もうちょっと食べたいな~と思う量でしたが、
これくらいが丁度良いのかもしれません。
とってもほっこりとした気分になる美味しいお食事でした

相変わらず話が止まらず長居した後、
玄関で店長さんにご挨拶すると、友人の一人とその店長さんがお互いに「エッ!!!」と。
どうも知り合いだった様です、笑。
これも何かのご縁がなので、またぜひ利用させて頂こうと思っています。
ご馳走様でした。
そして、お誕生日をお祝いしてくれた皆にも感謝






=野むら=
住所:〒464-0819 愛知県名古屋市千種区千種区四谷通3丁目23−2
電話番号:050-5869-8042
営業時間:【月・火・木~日・祝・祝前】
 ・ランチ 11:30~15:00(L.O.14:00)
 ・ディナー 17:30~22:30(L.O.20:00)
定休日:水曜日(団体様の予約は要相談)

プロフィール

小川 忍

Author:小川 忍
SHINOBU OGAWA
10月生まれの天秤座。
2006年より 紅茶・フルート教室
「putney saloon」主宰。
八事教室、教育機関、出張教室等で活動。
パットニーサルーンホームページ

putney カレンダー

08 ≪│2020/09│≫ 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

Copyright © 小川 忍