FC2ブログ

☆こんな時こそ☆

花を愛でる

2年ぶりにまた会えました。
咲いてくれてありがとう。

胡蝶蘭
↑胡蝶蘭

ちょっとした外出も憚られるこんな時こそ、
少し身近な所に目を向けて、花を愛でるというのも良いものです。
冷静さを取り戻し、落ち着いて過ごすことで
見えてくることもあるかもしれません。
どうぞ良い音楽を聴きながら、のんびりお過ごし下さいませ。
ちなみに我が家のBGMは、
メンデルスゾーンとチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲です
今日は何だかクラシック気分

☆弥生☆

水仙


三月になりました。
ただいま我が家の玄関では、こちらの水仙が、生徒さんやお客様をお迎えしてくれています。
見た目は可憐ですが、その芳しい香りはとっても上品。
毎日癒やされています。

水仙
↑春の訪れを知らせる花「水仙」

さて、今、アジアをはじめ世界中で深刻な問題となっている
新型コロナウイルスによる感染症。
教室でも、レッスン前に生徒さんには手洗いをしっかりしていただき、
私自身もこまめに手洗いをしながらレッスンを行っています。
幸いにもマンツーマンレッスンですので、皆様には安心してお越し頂いておりますが、
少しでも体調がおかしいなと思った時には、いつでもご無理なさらずご連絡下さい。
レッスン日をお振り替え致します。

抵抗力を落とさないような規則正しい毎日の生活と、
こまめなうがい手洗い。
そして、むやみに人混みへ出向かないことも大切です。
その影響で、最近の私はもっぱら読書の時間が増え
それはそれで有意義に過ごしています。
毎日忙しくてなかなか手を付けられなかった家のこと等、
進めるのに良いチャンスかもしれません

そう言えば、昨日の紅茶レッスン後、
ふとテレビを点けてみたら、プロ野球でドラゴンズ✕カープが
ナゴヤドームで無観客試合をしていました。
選手の声しか聞こえないという今までに観たことのない不思議な光景。
選手達ってこんなに声を出していたんですね。。。思い掛けない発見でした。

兎にも角にも、早く終息するよう祈るばかりです

☆胡蝶蘭が咲きました☆

今年も無事に


胡蝶蘭(小)
↑相変わらず可憐で美しい胡蝶蘭の花

毎日、次は咲いてくれるだろうかと心配しながらお世話をしているのですが、
年末に新しい茎を確認すると、思わず「ありがとう」の言葉が出てしまうほどの
喜びを感じます。
そして茎が成長し、蕾みが膨らみ始める頃、春の訪れを確信するのです。
更に今年は、二年前に咲いたもう一つの胡蝶蘭の茎も成長中。
こちらも開花した時には、ご紹介させて頂きますので、
楽しみにお待ち下さいね

☆冬から春へ☆

お庭から教室へ


先日、レッスンへお越しの生徒さんから頂いたフラワーアレンジメント

冬から春へ
↑ひなの粧の花言葉:気立ての良さ

クリスマスローズ、3色の椿、花桃の品種「ひなの粧」。
冬から春への移ろいがアレンジされていて、何だか心が躍ります
椿の色は赤、白、赤と白のマーブルですが、
一本の木から色の違うこれらの花が一斉に咲くのだそうです(枝はそれぞれ違うのだそう)。
恥ずかしながら初耳だったので、そのことに大変驚いたのですが、
とても興味深い話を聞くことができ嬉しかったです。
今度よ~く見てみようと思います。
それにしても、これらが自宅のお庭で摘めるなんて、
本当に素敵
Tさん、いつも季節のお花を持参下さり、
ありがとうございます

☆金木犀の季節☆

幸せの香り


今年も金木犀の季節がやってきましたね。
窓を開けていると、金木犀のほのかに甘~い香りが風に乗って
部屋中を幸せの香りで包んでくれます。
皆さんもきっと同じ事を思っていることでしょうね

金木犀
↑マンション内に沢山植えられている金木犀の木

いつも10月初旬に花が咲きだし、中旬である自身の誕生日には終わっているのですが、
今年は誕生日の日にこの香りがとても爽やかな気持ちにさせてくれました。
少し開花が遅かったのですね。
そんな誕生日当日・翌日は心温まるメッセージや贈り物を頂き、
本当にありがとうございました。
また一年皆さんのお役に立てるよう励むとともに、
健康で実り豊かな年にしていきたいと思っておりますので、
どうぞ宜しくお願い致します

これからお天気は下り坂。
この度の台風による災害で被災された方々が、
これ以上不安な気持ちを抱えることのない様にと、
心よりお祈りしています。


☆秋桜☆

咲きました!


昼間吹く風も少し乾燥して来ましたね。
この乾燥が私にとって毎年悩みの種。。。
声が出ないと仕事にならないので、
今年もしっかりケアしていきたいと思います!


秋桜
↑プランターで育った秋桜

さて、7月に種を蒔いた秋桜が、秋になりやっと開花してくれました
毎日その前を通る度に、嬉しさが込み上げます。
蕾みもたくさんついているので、これからまた楽しみ。

そんな「秋」と言って思い出すことは沢山ありますが、
6年前、結婚する前の年に主人と出掛けた北海道旅行も楽しい思い出です。
その時の目的は「水曜どうでしょう祭り2013」への参加だったのですが、
この度、6年ぶりに開催されたのでした。
2019年10月4・5・6日の3日間。
今年は参加が難しかった私達は、今年から導入された《ライブ・ビューイング》で
参加することにしました。
全国200以上の映画館で7万人が、まるで祭りに参加しているかのように
その様子を一部始終観ることができるのです。
もちろん会場の主役4人もそんな観客がいることを気遣って話をしてくれたり。
この度は、この世界に引きずり込んでしまった後輩Kちゃんも違う映画館で
観ることができたので、更に楽しさ倍増です

ライブ・ビューイングは最終日の夜で、6年ぶりの新作第1夜、2夜のお披露目となりました。
まだ編集もままならない未完成作品を一足先に拝見。
案の定、面白すぎて涙が止まりませんでした。
Kちゃんも「座っているのに倒れそうになりました(笑)」と、同感。
また、今や主役を張る俳優となった大泉洋さんの北海道愛・
4人のどうでしょう愛も感じられ、何だかホッとする時間でした。

私達が以前祭りを訪れたのは9月でしたが、夜は底冷えがするくらいの寒さでした。
しかし今回は1ヶ月遅れの10月!しかも会場はスキー場!!
映像の観客の皆さんはもうすっかり真冬の出で立ちで、
観ているだけであの寒さを思い出します(暖かい会場から、ごめんなさい)
そして祭り最後に上がった盛大な打ち上げ花火に感動したことも。。。

この度の新作は、全国に先駆けて北海道では12月25日から放送。
他の都府県は来年となりそで、今から本当に楽しみです。
皆さんもご一緒に、どうでしょう


・水曜どうでしょう祭り2019の公式ホームページはこちらです!

・水曜どうでしょう祭り2013を綴ったブログはこちらです!

☆頑張ってます☆

今年も


おはようございます。
今年も、お楽しみの日がやって来ました!!!

コットンフラワー
↑コットンフラワー

無事に、コットンフラワーが開花しました
開花する前が手前のものです。
もうかなり膨らんできているので、いつ開いてもおかしくありません。
こちらも楽しみ、頑張れ












朝顔
↑気持ちよさそうに開花した朝顔

朝顔もまだまだ頑張っています!
この日は外に向かって気持ち良さそうに咲いていたので、
思わずカメラを向けました。
私まで朝から清々しい気持ち

さらに、薔薇がまた蕾を付けてくれたので、
暑さに負けず頑張ってくれよ~と言いながら、お手入れをしています。
真夏の暑さが逆戻りしていますが、植物に目を向けながら
私達も油断せずに過ごして行きたいですね。

そう言えば、名古屋市では既にインフルエンザで学級閉鎖になっている
小学校があるようです。
季節の変わり目は体調を崩しやすいですので、
皆さんもしっかり栄養と睡眠をとって、しっかり夏の疲れを癒やしてくださいね

☆梅雨明け☆

梅雨が明けたので・・・


先日の日曜日にあった梅雨明け宣言。
今年の梅雨明けは去年に比べ19日遅く、平年と比べても7日ほど長かったようですね。
それだけ夏の暑さが短かくなれば良いのですが。。。

綿の花
↑咲いたばかりの綿の花

そんな梅雨明け翌朝には、まるでこの日を待っていたかの様に、
綿の花が美しく可憐に咲いてくれていました。
今日は前日の白から淡いピンクに色を変え、私達を愉しませてくれます。

さて、梅雨明けにやらなければならにことがあり、
レッスンがお休みだった昨日は、色々と家仕事をしていました。
この日のメインは、
① コスモスの種を植える
② 仕込んだお味噌のチェック!

①は、日焼け対策ばっちりで土いじり。
おまけに園芸用品の整理も出来てスッキリしました。
日陰でやっていてもさすがにこの暑さで、ポロポロと大粒の汗が滴り落ちる状況。
でもその後のシャワーがとっても気持ち良かったです。
しっかり汗をかいて、体も少しずつ暑さに慣らしていこうと思いました。
熱中症対策は万全にね

②は、今年はじめに仕込んだお味噌の第2回目のチェック!
梅雨明けの7月後半~8月初旬に必ずしなければならないことです。
毎年、お味噌を置く位置を変えてどこが一番適しているか試しているのですが、
この度4回目の場所は、いつもなら生えているカビが全く生えておらず
ついに最適な場所を発見!です。
もう既にお味噌の良い色と香りがしていました。
この度は途中経過をお見せできたのですが、写真を撮り忘れてしまい、すみません
本当に待ち遠しいなぁ~
どちらも私の秋のお楽しみです。


さて午後からはレッスン
この暑い中でもお越し下さる生徒さん方には、本当に感謝です。
今日もお部屋を冷やして、心よりお待ちしております

☆今年初!☆

朝顔


すっきりとしないお天気が続いていますが、
先週の土曜日に嬉しい出来事がありました。

朝顔
↑昨年咲いた朝顔の種から育てました。

今年はじめての朝顔の開花です!
朝から心がウキウキしますね。
今年は早い時期に種を蒔けたので、
去年よりも早い開花になったと思います。
気持ちの良いくらい立派に咲いてくれて、
とても晴れやかな気持ちになりました。
次の開花を待つ蕾たち、楽しみにしてるよ~

☆今年の薔薇☆

密かな楽しみ


大変更新が遅れてしまい申し訳ありませんでした
なかなかパソコンの前に座ることが出来ず
このところ雨や曇りの日が続いて気分が滅入ってしまいがちですが、
梅雨も終盤の証拠なのだそう!
一杯の紅茶に癒やされながら、毎日楽しく過ごしましょうね。

さて、先月ですが今年も我が家の薔薇が開花してくれました。
日に日に違う顔を見せてくれるので、今日はその変化をご覧頂きましょう


薔薇1
↑咲き始め

ほんのりピンクで可憐な雰囲気。









薔薇2
↑数日後

白さが際立ちふっくらとした柔らかさの中に懍とした雰囲気を醸し出しています。









薔薇3
↑散る数日前

全体にピンクがかり最後まで見事に咲ききってくれました。
1輪で3パターンの顔を持つ品種、タイタニック


最近は赤いミニバラも育て始め、梅雨時の密かな楽しみとなっています。
天然の薔薇の香りに包まれながら大きく深呼吸して、
ココロもカラダも健やかに過ごして行きたいと思います

☆全国植樹祭あいち2019へ☆

~木に託す もり・まち・人の あす・未来~


ニュースなどで皆さまもご存じとは思いますが、
皇室の三大行幸とよばれている内のひとつ「全国植樹祭」が、
今年は愛知県で開催される為、6月1、2日と天皇皇后両陛下が
愛知県へお越しになっていました。
新天皇になり初のご公務とあって、かなり注目されていましたよね。
この全国植樹祭は一般市民も参加することができるので、
我が家は昨年9月の応募開始日に応募し、
今年に入って当選通知を手にし、晴れて参加に至りました。
一度参加してみたかった国の支援する恒例行事なので、
まるで合格通知を貰ったかのように喜びました




壇上の花
↑壇上の花は、県育成品種「かがり弁ぎく」など産出額日本一のキクで飾られていました。

愛知県での開催は40年ぶり。
平成ジャンプ!だったわけですね(笑)
ちなみに昨年は福島県、来年は島根県です。
福島県の開催時には、愛知県の大村知事が福島県を訪れ、
今年は島根県知事がお見えになっていました。
このようにして70年も回数を重ねてきた、とても歴史ある行事なのだそうです









携帯袋
↑携帯袋

式典・植樹会場は名古屋市のお隣、尾張旭市にある「森林公園」でした。
幼い頃、よく家族で遊びにきていました。
ここは、紅茶の美味しいお店が日本一あることで有名な町です。

ただ、参加者は現地へ直接出向くことは出来ません。
最寄の集合場所に朝早く(7:40)に集まり、身分証明書と通知書持参で受付を済ませ
観光バスに乗り揃って会場へ向かいました。
会場近くの沿道には、すでに両陛下の車を待つ人達の姿も見えましたよ。

そして、会場に入るときのチェックがまた厳しい!
会場内には写真の袋と、その中に貴重品とスマホやカメラなどを入れて
中が見える状態で入場します。
その際も持ち物チェック・金属探知機を通るなどして、やっと中へ。
基本的に同じバスの方々と添乗員さん(役所の方かな?)について行動するので、
ちょっとしたツアー気分でした。

















会場風景
↑会場風景

山あり谷ありの道を進み、やっと到着しました!
ここが、式典・植樹会場です。
広大で、緑豊かな美しい場所です。
一般招待客の人数は確か6000人くらいだった気がします。
前方に両陛下が座られる「お野立所」。
写真にはありませんが、後方には大きなテントがあり、
そこに地元のブラスバンド部やコーラス部の高校生たちが待機していました。

主人と私が座った席は、前に誰もいない見通しの良い席だったので、
お野立所もよく見ることができました。
式典スケジュールは、尾張旭市長の挨拶や大会の概要、
また愛知県の紹介映像などを拝見するイントロダクションが28分間。

プロローグとして、会場に作られた木の舞台で、歌・楽器演奏・踊りのアトラクションが
披露され会場全体を盛り上げて下さいました。
そして、感謝状や記念切手の贈呈などが滞りなく終わり、
いよいよ記念式典!天皇皇后両陛下のお出ましです。










天皇皇后両陛下
↑天皇皇后両陛下ご来場

お野立所の隙間に、赤い旗がをなびかせた黒塗りの車が一台止まるのがみえました。
会場に待機しているわけではないのですね。
お二人が車から降りられると、そのまま会場内へ。
事前にあの携帯袋に入っていた日の丸の小旗をふってお迎えしました。
会場全体が沸き立つ中、手をお振りになられながらの登壇でした。
開会のことば、三旗掲揚、国歌斉唱、主催者の挨拶が続き、
11年ぶりに大会での天皇陛下のお言葉を拝聴することができました。
とても落ち着いた声のトーンで、私達に寄り添う気持ちが伝わる
素晴らしいおことば。
そのお姿を、和やかな表情でみつめる皇后さまが、とても印象的でした。








天皇皇后植樹
↑天皇皇后両陛下植樹

その後、緑化貢献者やポスター原画コンクールや緑化コンクールで
選ばれた方々の表彰が終わり、両陛下のお手植え・お手蒔きの時間となりました。
テレビでよく拝見していたこのお姿を、目の前で拝見できるなんて、
本当に幸せでした。

植樹祭にちなんでお選びになられたのか、皇后さまの薄いグリーンのお召し物も
遠くから見ていてもとても素敵で、一層お元気そうに感じられとても嬉しく思いました。
これからもご無理されない程度に地方へ出向いて、元気なお姿をたくさん拝見したいですね。
大会テーマを歌や踊りで表現したメインアトラクションを楽しみ、
閉会のことばへ。

約1時間の間でしたが、両陛下とともに同じ会場で時間を共有できたことはとても嬉しく、
同時に私自身の励みにもなりました。
心から感謝









お弁当
↑お弁当

さて式典終了後、こだわりのオリジナル弁当が配られました。
名古屋市で有名な仕出し屋さん「八百彦」特製です!
一段ずつご説明します。

上段左:県産鶏肉の肉団子と県産卵の玉子焼き。
上段中:県産うずら卵のフライ・県産レタス添え
上段右:名古屋名物ういろう(お菓子入りが嬉しい)

中央左:蒲郡産メヒカリの唐揚げ(美味しかった~)・県産キャベツのおひたし
中央中:愛知のブランド米「あいちのかおり」と県産しらすとしいたけを使った
郷土料理「箱寿司」
中央右:郷土料理「いわしはんぺん」と県産大根の味噌おでん

下段左:愛知県中山間地の幻の米「ミネアサヒ」のご飯・
県産ふきのきゃらぶき添え
下段中央:三河ポークを使ったなごやめしの代表「味噌カツ」
下段右:県産小麦「きぬあかり」のきしめん(お弁当作りの参考に)

まさに地産地消のお弁当。
少しずつ頂けるのがイイですね
とっても美味しかった~。
ご馳走様でした。







椅子
↑愛知の木材を使用した椅子

その後は時間まで会場内をフラフラお散歩。
河村たかし市長らが座られていた椅子。
とても可愛らしい椅子ですよね。
座り心地もとても良いのですよ!
私達が座っていたベンチもすべて、
会場内の木製品は県産木材を使用しているのだそう。

また、会場で使用した椅子・ベンチやプランターカバーは公共施等へ
配布されるそうです。
どこかでまた会えたらいいな










万華鏡
↑万華鏡

県産木材と切花を鏡に映り込ませて、光の反射で輝く万華鏡のように飾ったモニュメント。
主人が「(自分が中高時代の)文化祭でどうしてこれが思いつかなかったんだろう」と、
感心していました。













ブロック
↑ブロック

ひのきのブロック。
これがカチッと気持ちよくハマるんです。











間伐材カローラ
↑間伐材カローラ

凄い!の一言。
間伐した檜を使って作ったカローラ。
外観だけでなく内部も木で出来ていました。






紫陽花
↑「花の国あいち」らしい美しいあじさい

第70回全国植樹祭の理念は

私たちは、「木材の利用」を山村(やま)と都市(まち)をつなぐ架け橋とし、
健全で活力ある「森林(もり)づくり」と「都市(まち)づくり」を進めていきます。

です。


子や孫、もっと先の未来につなげて行くことがとても大切なことだと
天皇陛下のお言葉の中にもあった通り、
「伐る・使う→植える→育てる」という循環を皆で守り育んで行くことが
地球に住む私達の役目なのかも知れないと考えることができました。










植樹
↑我が家も植樹

そして、私達は場所を移し、豊田市にある「昭和の森」へ。
今度は私達が植樹する番なのです。
私は多分、植樹するのは初めてなので、
この時間を結構楽しみにしていました。
我が家は「ヤマサクラ」の苗を植樹。
色んな意味で、とても良い記念植樹となりました。
様々な気づきもあった、有意義な一日に改めて感謝です。

この大会の関係者の方々、本当にお疲れ様でした。
とても素晴らしい大会に参加できたこと、心から嬉しく思っています

プロフィール

小川 忍

Author:小川 忍
SHINOBU OGAWA
10月生まれの天秤座。
2006年より 紅茶教室
「putney saloon」主宰。
八事教室、教育機関、出張教室等で活動。
パットニーサルーンホームページ

putney カレンダー

03 ≪│2020/04│≫ 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

Copyright © 小川 忍