FC2ブログ

☆今年最後の・・・☆

朝顔


2日前の朝、一輪の朝顔が咲いていました。

朝顔1
↑小さくても存在感を放っています。

こんな寒い時期に、頑張って咲いてくれたのね。
きっとこの子が今年最後の朝顔になりそうです。
今年も長い間楽しませてくれて、
ありがとう

☆アボカドの植樹☆

アボカドを育てました!


名古屋はここ数日秋晴れが続き、過ごしやすい日が続きましたが、
朝晩はさすがに肌寒く感じるようになったので、
体調管理には気を付けなければいけませんね。

ところで、ずっと隠していましたが実は私、
細々とアボカドを育てていました(笑)


アボカドの苗木
↑大切に育てたアボカドの苗木

我が家では好んで食卓にアボカドがよく登場するのですが、
その大きな種を捨てる時に、もったいなさを感じていました。
ある時、レンでチンして食べると栄養満点!との情報を入手し
その通りに食べてみましたが、続けられる味わいではありませんでした

そこで思い切って育てて見ることに!
ヒヤシンスの様に、まずは水耕栽培で。
(半分遊びでやっていたので写真は撮っていません、ごめんなさい
毎日、水を取り替えて気長に待つこと約3ヶ月
根っこが生えてきたのです!
後はそのまま育て続けどんどん芽が出て茎が伸びて行き
葉っぱが出てきたところで、土に移植しました。
それでそのまま半年くらい(?)育て続けたら
写真の大きさまで成長。
このまま観葉植物としたお洒落に飾っておく方もいらっしゃるようですが
実をつけられるかチャレンジしたかったので、
思い切って地植えすることに決めました。





地植えのアボカドの苗木
↑地植えしたアボカドの苗木

場所は主人の実家のお庭
主人の母にお願いして、場所をお借りしました。
母と主人と3人で、
ヨイショヨイショと草を抜き穴を掘ったところへ、いざ植樹です。
これがドンドン大きく育ち、木になり実がなり、
家族みんなで収穫することを夢見て
それまで多分3年はかかると思われますが、
また成長の記録をアップしたいと思いますので、
どうぞ気長にお付き合い下さいませ

☆平穏な日々を☆

大切に


明日から10月。
9月もあっという間に駆け足で過ぎていってしまった様な気がします。




フラワー1
↑強い日差しに涼しい風、夏と秋との狭間な感じ。。。

先日、市内にある伯父伯母の墓地へ主人と参ってきました。
伯母のイメージに合わせた紫と白のトルコキキョウ持参して。
お寺のお花も、手入れが行き届いているせいなのでしょうか、
凜とした姿がとても清々しかったです。










フラワー2
↑たくさんの光を浴びて。。。

最近悲しいニュースが続いていますが、
この日の朝も、想像もしていなかった訃報が流れてきました。
生きていると色んな事があり、それは人それぞれ感じ方や捉え方も様々。
結局のところその人にしかわかりません。
そこに今世界中に蔓延っている感染症が加勢してしまっていることも事実です。

でも、まわりには手を携えてくれる人がきっとたくさんいるはず。
今まで見落としていた小さな幸せも、こんな時だからこそ見つけられるかも。
今苦しんでいる方が命を選択するのでなく、全うするという明るい方向に
目を向けられるそんな世の中であって欲しいですね。
お墓の前で手を合わせながら、「命」についてそんな風にぼんやり考えていました。

そして、ちょっぴり心身疲れちゃった方にとって、
PutneySaloonが“駆け込み寺”になれたら
とても嬉しいです

☆8月も最終日☆

夏の終わり


今日は8月31日。
8月もあっという間に過ぎてしまいましたね。
蒸し暑さは今もなお続いていますが、
これから少しずつ夏も終わりを迎えるのでしょう。

綿の花
↑今年も綿の花が綺麗に咲いてくれました。

我が家のベランダの草花たちも、この暑さにうんざりのご様子。
でも、今年も綿の花は無事美しく開花してくれました。
朝から清々しい気持ちになります。

そして、今年少し早めに種を蒔いた朝顔は、
ここのところ花が咲かず葉も落ちてきています。
つるべが取られている訳ではないけれど、
種も採取できたし、絡まり合っているので、
そろそろカットしようかなぁと思いながらよーく見たところ、
まだ小さな芽が
もう少し頑張ってくれそうなので、大切に育てみようと思います。

それでは、来たる9月も
皆さんにとって素敵な月となりますように

☆梅雨の朝顔☆

マーブル


今朝、今年はじめての朝顔が咲きました。
梅雨時にぴったりな綺麗な爽やかなブルー。
白のマーブルがよく映えて、
だんだん有松絞りにみえてくるのは私だけでしょうか(笑)

朝顔
↑蕾みもたくさんついてきました。

主人の母から苗を貰い、
「どんな色の花が咲くかなぁ」なんて話をしながら
これまで成長を楽しみにしてきました。
今朝はちょうどぴったり3ヶ月間私達を楽しませてくれていた
胡蝶蘭の花たちがみんな萎れてしまって悲しい朝に(次に会えるのは2年後)。
でも、それと入れ替わるかのように朝顔たちが咲いてくれて
早速心を癒やしてくれました。

お隣には、昨年、一昨年と代々続く朝顔の種を蒔いたものが成長し
小さな蕾みも付きだしました。
日当たり良好なので、水を欠かさず大切に育てたいと思います。

私達も、この蒸し暑さに負けないようたっぷり水分を補給して
体調管理に気を付けましょうね。
それでは楽しい週末を

☆梅雨の愉しみ☆

花の季節


マンション下の階段横にひっそりと咲いていたあじさいの花。
どんよりとした雨の季節に彩りを添えてくれます。

紫陽花
↑水色の可愛らしい小花がまるで蝶々のよう

今、マンション内にはあじさいをはじめ、
様々な品種のバラや可憐な花たちが咲き誇っています。

その中でも、秋の金木犀の様に甘い香りを漂わせてくれているのが
今が見頃のクチナシの花(また写真を撮るチャンスがあれば)。
レッスンにお越しの生徒さん方は、
真っ白い花とその香りにもうお気付きのことでしょう。
石けんのような優しく包み込んでくれる上品な香りに誘われて、
その付近を通るのがいつも愉しみなくらいです。

人には鬱陶しい雨でも、植物にとっては恵みの雨
水分をたっぷりと含んだいきいきとした草花を愛でるのには
絶好の季節かもしれません。
身近な花に目を向けてみるのも良いですね

☆おうちで種蒔き☆

優しい香り


今年も薔薇が咲いてくれました
毎年同じ品種の薔薇なので、ちょっとズームや角度を変えて撮影

薔薇1
↑見ているだけで薔薇の香りが想像できませんか?

主人に、「良い香りだから嗅いでみて」とすすめたら
「石けんの香りがする」って。
なるほど…確かに我が家のボディーソープは
薔薇の香りです















薔薇2
↑何重にも花びらが重なっています。

この子たち咲いてくれると、前を通る度優しい気持ちになります。

この日は、「土いじりの日」と題し、
朝顔、大葉(もう少し増やしたかったので)と綿の花の種をそれぞれ蒔きました。
どれも数日したらすぐに発芽してくれましたよ。
今後の成長ぶりが楽しみ。

土をさわると、自然と心が落ち着くと言いますが、ホントその通り!
この爽やかな季節に、何か種苗を植えてみるのもイイですね

☆こんな時こそ☆

花を愛でる

2年ぶりにまた会えました。
咲いてくれてありがとう。

胡蝶蘭
↑胡蝶蘭

ちょっとした外出も憚られるこんな時こそ、
少し身近な所に目を向けて、花を愛でるというのも良いものです。
冷静さを取り戻し、落ち着いて過ごすことで
見えてくることもあるかもしれません。
どうぞ良い音楽を聴きながら、のんびりお過ごし下さいませ。
ちなみに我が家のBGMは、
メンデルスゾーンとチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲です
今日は何だかクラシック気分

☆弥生☆

水仙


三月になりました。
ただいま我が家の玄関では、こちらの水仙が、生徒さんやお客様をお迎えしてくれています。
見た目は可憐ですが、その芳しい香りはとっても上品。
毎日癒やされています。

水仙
↑春の訪れを知らせる花「水仙」

さて、今、アジアをはじめ世界中で深刻な問題となっている
新型コロナウイルスによる感染症。
教室でも、レッスン前に生徒さんには手洗いをしっかりしていただき、
私自身もこまめに手洗いをしながらレッスンを行っています。
幸いにもマンツーマンレッスンですので、皆様には安心してお越し頂いておりますが、
少しでも体調がおかしいなと思った時には、いつでもご無理なさらずご連絡下さい。
レッスン日をお振り替え致します。

抵抗力を落とさないような規則正しい毎日の生活と、
こまめなうがい手洗い。
そして、むやみに人混みへ出向かないことも大切です。
その影響で、最近の私はもっぱら読書の時間が増え
それはそれで有意義に過ごしています。
毎日忙しくてなかなか手を付けられなかった家のこと等、
進めるのに良いチャンスかもしれません

そう言えば、昨日の紅茶レッスン後、
ふとテレビを点けてみたら、プロ野球でドラゴンズ✕カープが
ナゴヤドームで無観客試合をしていました。
選手の声しか聞こえないという今までに観たことのない不思議な光景。
選手達ってこんなに声を出していたんですね。。。思い掛けない発見でした。

兎にも角にも、早く終息するよう祈るばかりです

☆胡蝶蘭が咲きました☆

今年も無事に


胡蝶蘭(小)
↑相変わらず可憐で美しい胡蝶蘭の花

毎日、次は咲いてくれるだろうかと心配しながらお世話をしているのですが、
年末に新しい茎を確認すると、思わず「ありがとう」の言葉が出てしまうほどの
喜びを感じます。
そして茎が成長し、蕾みが膨らみ始める頃、春の訪れを確信するのです。
更に今年は、二年前に咲いたもう一つの胡蝶蘭の茎も成長中。
こちらも開花した時には、ご紹介させて頂きますので、
楽しみにお待ち下さいね

☆冬から春へ☆

お庭から教室へ


先日、レッスンへお越しの生徒さんから頂いたフラワーアレンジメント

冬から春へ
↑ひなの粧の花言葉:気立ての良さ

クリスマスローズ、3色の椿、花桃の品種「ひなの粧」。
冬から春への移ろいがアレンジされていて、何だか心が躍ります
椿の色は赤、白、赤と白のマーブルですが、
一本の木から色の違うこれらの花が一斉に咲くのだそうです(枝はそれぞれ違うのだそう)。
恥ずかしながら初耳だったので、そのことに大変驚いたのですが、
とても興味深い話を聞くことができ嬉しかったです。
今度よ~く見てみようと思います。
それにしても、これらが自宅のお庭で摘めるなんて、
本当に素敵
Tさん、いつも季節のお花を持参下さり、
ありがとうございます

プロフィール

小川 忍

Author:小川 忍
SHINOBU OGAWA
10月生まれの天秤座。
2006年より 紅茶・フルート教室
「putney saloon」主宰。
八事教室、教育機関、出張教室等で活動。
パットニーサルーンホームページ

putney カレンダー

10 ≪│2020/11│≫ 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

Copyright © 小川 忍