FC2ブログ

☆ヤマザキマザック美術館と壺中天☆

食と芸術


2010年の師走もなんだかんだとあっという間に過ぎそうです。
でもそんな今年最後の締めくくりの月こそ、一日一日を大切に楽しく過ごせたらいいなぁ
なんて思っています

今日は、またまた更新が滞っていた11月の出来事をアップします

名古屋市東区葵にあるヤマザキマザック。
こちらは、愛知県丹羽郡に本社がある、工作機械メーカー。
こちらが所蔵している作品を集めた「ヤマザキマザック美術館」が
今年2010年4月に開館しました。

フランス美術を一望できると聞き、ずっと気になっていましたが
この度、やっと足を運ぶことができました


ヤマザキマザック
↑ヤマザキマザック美術館

同館内のレストランで食事をした後に、拝観したのですが
先に美術館をご紹介しますね。

フランス美術の200年(ロココ、新古典主義、ロマン主義、写実主義、印象派、エコールドパリ等)
が一望でき、また当時のサロンを思わせる、優美な内装は非現実的な優雅な雰囲気でした。
ヴァトー、ブーシェ、ドラクロワなど、フランスを代表する巨匠の絵を間近で一度に堪能できる
贅沢さ
この時に、モーリス・ド・ヴラマンクというフランス画家の絵が何だか気に入り
これからも彼の絵に注目していきたいなぁ~という楽しみもできました

更にこちらは、ガレをはじめとする様々な作家たちのガラス作品や家具なども展示されています。
特にガレファンの私としては、その作品の多さに目を見張りました!!
本当に美しいものって、ずっと見ていても飽きないですね。

無料でイヤホンガイドも貸して頂けます。
ご興味のある方、一度是非足を運んでみて下さい




ではでは、拝観前にランチをしたお店をご紹介いたしま~す

開館と同時に移転してきたフレンチレストラン「壺中天」
ちょっと敷居が高そうでしたが、何事もチャレンジです(笑)

アミューズ
↑見た目と味の印象が違ったブーダンノワール


最初にこの色はないでしょう?と思いながら口にすると
旨味たっぷりの爽やかで優しいお味に驚き!
ブーダンとは、豚の血と脂によるフランスの腸詰の一種だそうです。

お食事前の小さなお楽しみでした


パン
↑サクサクのバケット

やっぱり柔らかいパンの方が、私は嬉しいなぁ・・・。



前菜
↑サワラと赤カブを使った前菜

さっぱりした組み合わせで、とっても美味しかったです。
なるほど!こんな盛りつけ方も面白いですね。



オニオングラタンスープ
↑底なしのオニオングラタンスープ


コクがありながらもさっぱりしていて、とても美味。
いくら食べても減る気配がなく、もうそろそろ・・・という頃にちょうど無くなり
ひと安心(笑)




魚料理(メイン)
↑甘鯛のメイン料理


どう見ても、美味しいに決まっています!
ふっくらとしていて、口の中に旨味がたっぷり広がりました。



デザート
↑リンゴをふんだんに使たデザート


ここまでくると、デザートも期待大!!!
旬のリンゴを思う存分堪能することができました。
冷たいアイスを食べても、心はあったか



紅茶
↑マリアージュフレールのブレンドティー


マリアージュフレールの紅茶は、やっぱりひと味違いますね。
ほんのり香る品の良さ。
食後のデザートにも良く合って、思わずおかわりしたくなりました。



お茶菓子
↑フィンガーサイズの可愛い焼き菓子たち

お茶菓子は、マドレーヌにチョコ、メレンゲのお菓子と思いきやマシュマロ。
心豊かな気分になります。


落ち着いた着いた静かな雰囲気での美味しいランチ・・・格別でした



ホットココア
↑美術館のカフェでホットココア


その後、先程の美術館を拝観したわけです。
拝観後は、同館内カフェスペースへ。
美術館の途中や最後にカフェに入って余韻に浸るのって好きなんです。

さらにこんな可愛いアートまで




駐車場もありますが、地下鉄東山線「新栄町」駅から直結しているので
雨の日も傘いらず。

まだの方、是非一度お出かけ下さいね


ヤマザキマザック美術館

プロフィール

小川 忍

Author:小川 忍
SHINOBU OGAWA
10月生まれの天秤座。
2006年より 紅茶・フルート教室
「putney saloon」主宰。
八事教室、教育機関、出張教室等で活動。
パットニーサルーンホームページ

putney カレンダー

11 ≪│2010/12│≫ 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

Copyright © 小川 忍