FC2ブログ

☆製茶体験教室~茶摘み編☆

癒しの茶摘み


さてこの日は思いがけず、ごとう製茶のご夫婦の計らいで
予定になかった茶摘み体験をさせて頂くことに
製茶も無ければ、茶摘みの体験も無い方ばかりだったので
皆さん、最低限の日焼け対策をしながら
わくわくした面持ちで、茶園へ飛び出して行きました



茶摘み体験
↑爽やかな風が心地よい、緑目映いお茶の樹々。


こちらが、やまかい種のお茶の樹。
先の方は、まだ芽が出たてで、観ただけで柔らかさが伝わってきます。
そんな一芯二葉を丁寧に手摘みします。
私は以前、西尾市で朝から晩までこの作業を行ったことがあったので
この度は皆さんの姿をカメラに収めつつ
ごとうの奥様と茶談議に花を咲かせていました(笑)




巨大な木蓮の木
↑春先には、ピンク色に染まる巨大な木蓮の木。

そんな茶談議の中で話に出た、木蓮の木。
「春にまた観に来て下さい、連絡します」とおっしゃて下さった中央に写っているこの木は
巷で有名らしいです。
満開の時期に、木に登るとあたり一面ピンク色なんだそう。
来年必ず行ってみたいと思います

その手前が、あさつゆ種という天然玉露を作るための樹だそうです。
生育が悪いのであまり育てる方がいないそうですが
とても美味しい玉露ができるということで、こちらでは頑張って育てていらっしゃいます。
お茶の樹は大体3年目位から葉を摘み取ることができ、寿命は40年ほど。
もう少ししたら、やまかい種の様な綺麗な鮮緑色で、一面を覆ってくれるのでしょうね
がんばれ~




レモンバーベナ
↑初めて、フレッシュな香りを嗅ぎました


そろそろ作業場にもどりましょうと、敷地内をてくてく歩いていると
奥様が「これを摘んで匂いを嗅いでみて下さい」と。
次の瞬間、そのレモンの様な爽やかな柑橘系の香りに、引き込まれたのでした。
そう、それはレモンバーベナ
その日、偶然にもバーベナの香りのリップを付けていた私は
本物に出会えて、もしかしたら人一倍嬉しかったのかもしれません(笑)


草花を触っている時は、心穏やかな優しい気持ちになれると思いますが
この日は本当に皆さんがそんな表情をして、癒されているのが良~くわかりました。
自然のチカラって、偉大ですね


次回は、このあとの昼食の様子をお伝えしま~す

プロフィール

小川 忍

Author:小川 忍
SHINOBU OGAWA
10月生まれの天秤座。
2006年より 紅茶・フルート教室
「putney saloon」主宰。
八事教室、教育機関、出張教室等で活動。
パットニーサルーンホームページ

putney カレンダー

07 ≪│2011/08│≫ 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

Copyright © 小川 忍