FC2ブログ

☆夏休み2☆

伊賀上野を楽しむ


前回のブログでご紹介した「青山高原」で楽しんだ後、伊賀上野の街を訪ねました。
ただ通り過ぎるだけのつもりが、やはりこれがあると行きたくなってしまうんですよね・・・。



伊賀上野城
↑伊賀上野城

そう!お城です(笑)
伊賀上野城は初登閣!思ったよりも立派な美しいお城でした。
碧緑の上に見える城郭の美観が、さながら鳳凰が翼を休める安らぎを思わせたところから
《白鳳城》の雅名が起こったそうです。

しかも、今年は築城400年の記念すべき年だそう!
良い思い出になりそうです





天守閣
↑天守閣3階


大天守は木造3層3階
1611年、藤堂高虎が筒井故城を大改修し、5層の天守閣を構える計画だったそうですが
翌年この地方を襲った暴風雨の為、竣工直前の天守が倒壊し
そのまま、天守のいない城郭として300有余年が過ぎたそう。
そして、1935年に川崎克氏が私財を投じ、現在の天守閣を築いたのだそうです。
お隣には、木造2層2階の小天守も築造したようです。
このお城は、伊賀文化産業城と称し
城跡は国史跡、天守は伊賀市の文化財に指定されているそうです。







少年
↑天守閣からの眺めを堪能する少年

3階は城下町の景観を一望できます。
お城の周辺には遮るものが何もないので、とても気持ちの良い風が吹き込み
家族連れで訪れたのであろう少年も、しばしその風を感じながら窓の外を眺めていました。

また、素晴らしいのは景色だけではありません。
天井を見上げると、天守閣復興を祝う有名人の大色紙(1m角)46枚が天井を飾っています
横山大観、川合玉堂などの絵は、必見ですよ!
1階2階にも、藤堂家の調度品がとても身近に感じられる距離感で展示されていました。






高石垣
↑日本有数の高さを誇っている高石垣

残念ながら、天守閣は当時のままとはいかなかったものの
高虎の作った《高石垣》はそのまま残っています。
石垣の高さは、29.5m。
日本でも有数の高さだそうです。
確かに、上からお堀をのぞき込むと、恐怖すら感じます。
柵がないので、落ちないように要注意

ちなみに、この向こう側には歌手の平井堅さんが通っていた高校があり
学校帰りによくこの石垣から景色を眺めていたと
NHKのとある音楽番組で語っていたのを、ふと思い出しました
それくらい、印象に残る風景ですよ


さて、次は上野公園内にある、伊賀流忍者博物館へ。





忍者屋敷
↑伊賀流忍者博物館。忍者の人形、みえますか?


伊賀は何と言っても、“忍者の里”で有名ですよね
残念ながら博物館は閉館していましたが、外観をみて小学生の時に家族で遊びに来た
あの記憶が蘇りました

一見普通の民家だと思いきや、扉が回転して逃げ道になっていたり
床の板を外すと、刀がしまってあったり。。。今でもあの興奮は忘れません。
また、開館時にきたいなぁと思った程でした(笑)


何十年ぶりかに訪れた伊賀上野。
歴史の詰まった、おもしろい小さな街でした。


さて、そろそろ夕食の時間。
名古屋へ戻る前に、伊賀の里で食事を楽しみました。
続きは次回更新にて

プロフィール

小川 忍

Author:小川 忍
SHINOBU OGAWA
10月生まれの天秤座。
2006年より 紅茶・フルート教室
「putney saloon」主宰。
八事教室、教育機関、出張教室等で活動。
パットニーサルーンホームページ

putney カレンダー

07 ≪│2011/08│≫ 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

Copyright © 小川 忍