FC2ブログ

☆2012年冬の定例会 in大阪1 ☆

フグ料理「大杉」


本格的な冬の到来に戸惑う今日この頃ですが、お風邪など引いていませんか?
私は先日、以前勤めていた会社の上司や後輩達と共に行っている定例会で
大阪へ行ってきました。
今回の目的は、「フグと吉本新喜劇で美味しい物を食べて笑って一年を締めくくる」です。
早速、大阪で40年の老舗ふぐ料理のお店をご紹介します。


大杉
↑老舗のフグ料理「大杉」。

まずは、普段お昼は営業されていないのにわざわざ開けて頂いたことに感謝致します

さて、ここ大杉のフグは下関産の天然フグを使用しています。
最近、フグがなかなか捕れない影響で、養殖ものも天然ものと変わらない値段まで
高騰しているそうです

前からちょっと気になっていたので女将さんに、どうして大阪でフグ?と質問したところ
昔から【くいだおれの街】といわれた大阪でフグの職人さんもお店を開く人が
多かったからではないかとおっしゃっていました。
さすがグルメの街ですね
しかし、下関で12年 大阪で40年近くふぐ料理店を営んできた大将は
体調のことを考え、来年でこのお店を閉めてしまうそう。
その前に「みんなにもこの味を」と、上司のススメで連れてきて頂いたのでした。



てっさ
↑てっさのふぐと皮。

まずはポン酢を付けずに一口。
歯ごたえバツグン。甘みがあって美味し~



ふぐ鍋
↑4人分の「てっちり」材料。主役はもちろんお野菜もたっぷりです。

さあ、お待ちかねの「てっちり」です!
まずはお鍋に、白菜、お豆腐、4種類のキノコ、大根、甘いニンジン
そしてフグの骨を投入。
これでお腹に染みこむ優しいお出汁がでるんですよね。
まずはこれらを美味しく頂きました

さらに2巡目は、ここで河豚投入です。
お出汁がよく染みこんで、思わず鍋のフグを探してしまうほどの美味しさ。

最後3巡目は、2巡目の材料の残りを煮込んだところに
水菜と白子をそっと浮かべます。



出来上がりは・・・


白子
↑ふわっふわの白子ちゃん。

こちら。
優しいお出汁とふわっふわの白子のハーモニーは抜群でした。
何だかほっとする老舗の味です。
この後に、お待ちかねの雑炊になるのですが
あまりの美味しさに、写真を撮ることをすっかり忘れてしまいました
この味は、ぜひお店で体験を

大杉の大将と女将さんもとても笑顔が素敵な方々で、色んなお話を伺いながら
楽しい時間を過ごす事ができました。
ご馳走さまでした

こちらで美味しいフグ料理を満喫できるのは来年まで!
大阪へお出掛けの際には、ぜひお立ち寄り下さいね。
ご予約はお忘れなく

次回は【なんばグランド花月】を更新しま~す。


*大杉*
大阪府大阪市淀川区塚本2-17-1
06-6303-4868

プロフィール

小川 忍

Author:小川 忍
SHINOBU OGAWA
10月生まれの天秤座。
2006年より 紅茶・フルート教室
「putney saloon」主宰。
八事教室、教育機関、出張教室等で活動。
パットニーサルーンホームページ

putney カレンダー

11 ≪│2012/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

Copyright © 小川 忍