FC2ブログ

☆北海道旅行(後編)☆

札幌・市街さんぽ


北海道・札幌の旅、最終編です。
以前北海道を訪れた時は、富良野・小樽がメインで
札幌はほんの少し立ち寄ったくらい。
そんな訳で今回の旅は、札幌を知る良い機会となってとても嬉しいものとなりました

最後に飛行機の時間までの残り数時間、札幌市街をのんびり散策することに。



大通り公園
↑札幌テレビ塔と大通り

まずは札幌の目抜き通りを歩きます。
大通り公園を歩いていて思ったのが、「名古屋みたい!」ということ。
テレビ塔の設計者が一緒ということもあるのでしょうか。。。
でも名古屋より公園としての役割が果たせている印象で、老若男女の開放的な表情が
とても良い雰囲気に感じられました。
また名古屋人なら誰もが
「名古屋のシルバーのテレビ塔が最も美しい」と思っているはず(?)ですが、
あの高い位置に大きな時計が付いている点は何とも便利そうで
ちょっと羨ましいかったです(笑)








時計台
↑札幌の象徴、時計台

次に立ち寄ったのは、あの有名な『時計台』。
正式名称は《旧札幌農学校演舞場》で、現在の北海道大学の前身である
農学校の演舞場として初代教頭のクラーク博士が構想し、
後の明治11年に建設されたものだそうです。

折角なので、館内を見学してきました

当時、演舞場の2階は兵式訓練や体育の授業を行う他、
中央講堂として学内の催事の場として使用。
1階は研究室・講義室、動植物や鉱物の標本展示室として使用されていたそうです。
当初時計はついていなかったそうですが明治14年に時計塔を付設し、
時計機械を備え付けたそう。
それがいつしか《時計台》と呼ばれ、現在でも原形のまま振り子が作動している
日本で最も古い塔時計だそうです。
時計機械はアメリカ・ボストン市ハワード社製。
精度の高さと実用性に優れた時計機械のパイオニアなのだそう。
時計塔の構造にも狂いや歪みがないので、百数十年も正確に時を知らせ続けられている
まさに【大きな古時計】を上回る素晴らしい塔時計なのです。
時計塔を作った安達喜幸の技術の確かさ、物語っていました。




そして次に向かうは・・・


北海道ビール
↑北海道開拓ビール

せっかく札幌に来たのなら、やはりSAPPOROビールは外せません!
という事で『サッポロファクトリー』までひと歩き。
クラシックタイプと未濾過タイプのビールで、歩いた後の渇いた喉を潤します。
シミル~
とても程よい気分で千歳へ向かう事ができました。

まだまだ未知の世界が詰まった北海道!
普段あまり思わない事ですが、珍しく一度ここに住んでみたいと思えた街でした。
楽しい旅となった事に感謝し、また訪れる機会に恵まれる事を祈りつつ
機上の人となりました

北海道で見たお月さまは綺麗な三日月でしたが、今晩はもう十五夜。
美しい中秋の名月を愛でることができますように。
最後までご高覧ありがとうございました


・札幌市時計台の公式ホームページはこちらです!
・サッポロファクトリーの公式ホームページはこちらです!

プロフィール

小川 忍

Author:小川 忍
SHINOBU OGAWA
10月生まれの天秤座。
2006年より 紅茶・フルート教室
「putney saloon」主宰。
八事教室、教育機関、出張教室等で活動。
パットニーサルーンホームページ

putney カレンダー

08 ≪│2013/09│≫ 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

Copyright © 小川 忍