FC2ブログ

☆アートに生きた女たち☆

凜として、しなやかに。


9月最後の3連休、
5月25日から9月29日まで名古屋ボストン美術館で開催されている
「アートに生きた女たち」を観に行ってきました。




美術館前
↑マリー・ルイーズ・エリザベス・ヴィジェ=ルブランの《若い女の肖像》(部分) 1797年頃

この展覧会は、19世紀から20世紀にかけて活躍した女性芸術家の軌跡を
分かりやすく5つの構成で愉しませてくれます。

印象に残ったところでは、
第1章の、女性芸術家が描く肖像画。
当時、男性が主流だった芸術の世界に、創作活動を貫いた
女性の描く絵は、しなやかな中にも凛とした確固たる自信を
感じさせてくれました。

また第2章では、芸術におけるパートナーシップということで
マネとモリゾ、ドガとカサットなどの名立たる男女の芸術家が
互いを尊敬し励ましあい切磋琢磨していた様子を、
絵画から垣間見る事ができます。

他にも自らの母性愛から子供を主題にする女性芸術家や、
銀などの工芸品においても、女性ならではの視点や感性を
存分に発揮された作品に出会えます。
観ていてとても勇気付けられますよ!

今ではどんな分野においても、女性の進出は当たり前の
世の中ですが、女性が住みにくい時代に彼女達の様な
プロフェッショナルがいたからこそ、現在に至っているのかも知れませんね。
まさに、私がモットーとしている「しなやかに、逞しく」の
お手本となる展覧会でした。

そんな展覧会も、最終日まであとわずか!
ご興味のある方は、ぜひお見逃しなく

名古屋ボストン美術館の公式ホームページはこちらです

プロフィール

小川 忍

Author:小川 忍
SHINOBU OGAWA
10月生まれの天秤座。
2006年より 紅茶・フルート教室
「putney saloon」主宰。
八事教室、教育機関、出張教室等で活動。
パットニーサルーンホームページ

putney カレンダー

08 ≪│2013/09│≫ 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

Copyright © 小川 忍