FC2ブログ

☆市原悦子 朗読とお話の世界☆

あの声が


三連休の最終日、愛知サマーセミナー2015へ主人と共に出掛けました。
このイベントは、愛知県内の私立高校生達が「21世紀型学び」として、
参加・共同・社会をキーワードに誰でも無料で参加できる学びの場を企画開催しているもので、
今年で27回を数えます。
戦後70年の今年は、70名の著名人に講演を依頼したそうですが、
それ以上の方々が集まったそう。
中でも、いち早く賛同されたのが市原悦子さんです。
何を隠そう、主人も私も「まんが日本昔ばなし」で育った世代。
先日もあるテレビ番組での市原さんの朗読に「素晴らしいね」と感動していたばかりですが、
その直後にまさか「生朗読」を聞けるなんて幸せです


淑大記念講堂
↑会場となった淑徳大学 記念講堂

とても華やかな明るい緑色のワンピースを着て、背筋のぴんと伸びた美しい立ち姿は、
まさに舞台女優の貫禄。
また、時折見せるチャーミングな笑顔に心がほっこり和みます。
そんな市原さんの戦後間もない頃の様子から今に至るまでを自ら面白おかしく語って下さり、
その後、朗読の時間です。
グリム童話に灰谷健次郎さんの詩集から子供の書いた素直で優しい詩、
その他3つのお話を読んで下さいました。
緩急強弱、言葉と言葉の絶妙な間を、あの魅力的な口調で表現
自分はお稽古好きだと仰っていたので、努力なのかもしれませんが、
教えて貰ってそう簡単に出来るものでは無い気がします。
まさに天性のものなのでしょうね
この約1時間半「なんて贅沢な時間なんだ」と、心がちょっぴり豊かになっていくのが
何だか嬉しかったです。
いつまでもお元気で、多くの人々の心に道徳心と穏やかさを伝えて頂きたいなぁと、
深く感じました

プロフィール

小川 忍

Author:小川 忍
SHINOBU OGAWA
10月生まれの天秤座。
2006年より 紅茶・フルート教室
「putney saloon」主宰。
八事教室、教育機関、出張教室等で活動。
パットニーサルーンホームページ

putney カレンダー

06 ≪│2015/07│≫ 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

Copyright © 小川 忍