FC2ブログ

☆歴史ある建物で☆

THE KAWABUN NAGOYA


11月に入った金曜の夜、
東京から用事でこちらへ来ていた友人と久しぶりのディナーを楽しみました。
この度チョイスしたお店は、名古屋の老舗料亭「河文」が運営している
「THE KAWABUN NAGOYA」
イタリアンのお店です。
友人のこの日の宿が近く、私も一度訪れてみたかったので、
お店選びに困ることはありませんでした

早速、ご紹介します!

外観
↑外観

THE KAWABUN NAGOYAは、老舗料亭 河文の旧座敷跡に佇みます。
約400年の歴史と伝統を受け継いでいるようで、店内は老舗ホテルに似た
重厚感や飾り立てない品の良さを感じます。
4階建ての建物の2階以上はウエディング専用のフロア。
チャペルもあるそうですよ。
食後にお酒を楽しめる雰囲気の良いBarも完備。
大人の社交場といったところです。








この日のコースメニューです!!



1st Appetizer
↑1st Appetizer

《ズワイガニと今市蕪のクルード》です。
陸と海の融合です。
ズワイガニの旨味が程良い一品でした。











2nd Appetizer
↑2nd Appetizer

《仔牛 トンナータ セミドライトマトのサルサ》です。
お酒に合わせたかったなぁ~。












Pasta
↑Pasta

《淡路産玉ねぎのアマトリチャーナ タリアテッレ》です。
抑えめな量に見えますが、満足感のあるパスタでした。
楽しい話と美味しいパスタで、幸せなひととき~













Dessert
↑Dessert

《アフォガード エスプレッソのグラニテ》です。
大好きなアフォガードを久しぶりに食すことができて、
これまた満足なデザートとなりました














Tea
↑Tea

最後は、心落ち着く〆の一杯。
パスタとデザートの間にメインの《南知多ハッピーポークのハーブグリル》がありましたが、
話に夢中で撮り忘れていたみいです、すみません
愛知のブランド豚「ハッピーポーク」ですが、柔らかくて旨味満点の
美味しい豚肉です。
ぜひ、どこかで出会った時には召し上がってみてくださいね

店内は結構賑やかで、2時間の時間制限があるせいか、
いつものように余りのんびり食べられませんでしたが、
待たせられる等のストレスはありません。
逆に、無駄な動きが見受けられない無いスタッフの皆さまの姿と
弾けんばかりのスマイルが、「さすがレストラン・ウェディングもされているだけあるなぁ~」と、
ホスピタリティーを感じ、とても気分が良かったです。
ぜひ、また利用したいと思える素敵なお店でした





ザ・カワブン・ナゴヤの公式ホームページはこちらです!

プロフィール

小川 忍

Author:小川 忍
SHINOBU OGAWA
10月生まれの天秤座。
2006年より 紅茶教室
「putney saloon」主宰。
八事教室、教育機関、出張教室等で活動。
パットニーサルーンホームページ

putney カレンダー

10 ≪│2019/11│≫ 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

Copyright © 小川 忍