FC2ブログ

☆久しぶりの展覧会☆

ヒグチユウコ展 CIRCUS


先日、久しぶりに展覧会へ出掛けてきました。


作品1
↑Circus (2018年)

コロナ禍で、コンサート以外でも人の集まる展覧会や講演会など
軒並み中止や延期となり、寂しい思いで過ごしていたのですが、
今回足を運んだ画家ヒグチユウコさんの展覧会は、
たまたまチケットを貰ったとはいえ、とても楽しみにしていました。
でも、これもきっと中止かなぁ。。。なんて思っていたところ、
中止ではなく延期!そして開催が決まったので、
雨降る中、心躍らせ主人と二人向かったのでした。








チケット
↑素材にもこだわりのあるお洒落なチケット

場所は刈谷市美術館。
名古屋から車で1時間もかからないところで、
トヨタグループの中心企業が軒並み本社や主力工場を構える街です。
そんな刈谷市にある美術館は名古屋の美術館に比べれば小さいかもしれませんが
とても魅力的な展覧会を度々開催しています。
今回の展覧会でも、もちろんコロナ対策として入場制限があり
会場の外でしばらく待たされる盛況ぶりでした。








屏風
↑あまり威力のなさそうな風神雷神図屏風

中に入ってからもエレベーターを待つのに並びましたが、
その間も、ヒグチさんの作品を楽しむことが出来ました。
このタッチ、絵本などで皆さんどこかで必ず目にされているかと思いますが
いかがですか?
カワイイのだけど、不穏を予感させる何かを感じます。






作品2
↑1匹ずつ表情が微妙に違うネコ?蛇?タコ?

ネコや熊、少女やきのこなど様々なキャラクターが作品の中に描かれていますが、
私の好きなキャラクターは「ひとつめちゃん」*上のチケットの写真をご覧ください。
不思議ないきものですが、ネーミングセンスが私好み(笑)
逆にちょっと苦手で見ていられなかったのが“立っている金魚”。
もともと魚類の絵があまり得意じゃないのもありますが(食べるのは大好き)。
他にも、「この絵子供に見せても大丈夫?」と心配になるもの、
ちょっと引き気味で見たりするものもあり
グロカワイイにも程があると思ってしまうほどでしたが、
この自由な発想が人気の秘密なんでしょうね。
なんだかんだで最後まで、釘付けでした。







作品3
↑蝶ネクタイのワニも人気のキャラクター

それにしてもこの細密さ、本当に素晴らしいです。
会場には、1本1本線を描くヒグチさんの作業風景が
ビデオで流れていましたが、早送りにしてあっても
途方も無い時間を使われていることが見て取れました。
集中力も半端ないです!


今、絵画を撮した写真をみながらこのブログを書いている最中も
何だか胸がゾワゾワしています(くせになりそう、笑)。
それだけ、ヒグチさんの作品にはパワーが宿っているのでしょうね。
これからも五感を揺さぶるような催しが増えることを願って。。。。




「ヒグチユウコ展 CIRCUS」の公式ホームページはこちらです!

プロフィール

小川 忍

Author:小川 忍
SHINOBU OGAWA
10月生まれの天秤座。
2006年より 紅茶・フルート教室
「putney saloon」主宰。
八事教室、教育機関、出張教室等で活動。
パットニーサルーンホームページ

putney カレンダー

06 ≪│2020/07│≫ 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

Copyright © 小川 忍