FC2ブログ

☆ルーブル美術館展☆

再会


私の大好きな季節がやってきました。
紅茶もいつも以上に美味しく感じられ、旬の食材も美味しいし、
心静かに芸術や文化に触れられる気がするから。
そして朝、窓を開けた時の澄んだ空気と、どこからともなく漂ってくる金木犀の香り。
そんな素敵な毎日を大切に過ごしたいものです

京都市美術館
↑足を運ぶのは何度目かな・・・。京都市美術館

9月のシルバーウィーク最終日、京都へ行って来ました
6月16日~9月27日まで開催されていた「ルーブル美術館展」を観るためです。
閉館1時間前くらいに入館したので、大して並ばずに済みましたが、
昼間は、やはり長蛇の列になるほどの人気ぶりだった様です





館内
↑ヨハネス・フェルメールの《天文学者》がお出迎え

ルーブル美術館へは、英国留学時代にパリへ遊びに行った際に足を運びました。
時間の無い中、オルセー美術館にも行きたかった為、観たい物だけチェックして美術館を
はしごした事を覚えています。
その時に見たひとつが、大好きなフェルメールが描いた《天文学者》でした。
あれから約10年。。。2度も会えるなんて、幸せです

そんな理由で、観ていない絵画も沢山あったわけですが、この度この展覧会のおかげで
ヨーロッパ絵画の真髄を堪能することが出来ました。
すべて見終わった時の感想を主人と話したところ(いつも各々のペースで観ているので)、
「ジャン=バティスト・カミーユ・コロー」の絵が良かったと意見が合い、
何だかその場で盛り上がっていました。

ブログの更新が遅れたため、もうこの展覧会は終わってしまいましたが、
ぜひ機会があれば、パリのルーブル美術館へ足を運んでみて下さい!
沢山の本物に出会えますよ


パリ・ルーブル美術館の公式ホームページはこちらです!

Comment

2015.10.04 Sun 05:54  |  こんにちは

はじめまして!あるブログを拝見していたら、このブログに出会いました。私もブログを開設しています。「鬼藤千春の小説・短歌」で検索できます。一度訪問してみて下さい。よろしくお願い致します。

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
https://blogputney.blog.fc2.com/tb.php/1032-7d41fcca
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

小川 忍

Author:小川 忍
SHINOBU OGAWA
10月生まれの天秤座。
2006年より 紅茶・フルート教室
「putney saloon」主宰。
八事教室、教育機関、出張教室等で活動。
パットニーサルーンホームページ

putney カレンダー

10 ≪│2020/11│≫ 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

Copyright © 小川 忍