FC2ブログ

☆名古屋の古民家カフェ☆

なごみ


今月初め頃の話になりますが、ちょうど桜の花も満開の気持ちの良い日に
天白区の山の上にある古民家カフェ「なごみ」で、主人と主人の母の3人
のんびり時を過ごしました。

ぼたもち
↑牡丹餅とほうじ茶のティーセット

こちらでは日本庭園を眺めながら、のんびりお茶を楽しむ事ができます。
チョコレートケーキや紅茶、コーヒーなどのメニューの中で、
ちょっと気にになったお母さんもおすすめの「ぼたもち」をチョイス
私のげんこつ以上の大きさでしたが、甘さひかえめであっという間になくなってしまいます。
セットのほうじ茶との相性は間違いがなく、ほっと癒やされるひとときでした。





天井
↑上をみると一際目を引く大きな梁

さて、美味しいお菓子を頂いた後も、お楽しみは続きます
カフェスペースとして開放されているこちらの古民家は、江戸時代の旧岩村藩の庄屋の家を
移築したものだそうで、その際にこちらを『八幡閣』と名付けられています。
また、名古屋市の登録地域建造物資産に登録されているとのこと。
岐阜県(東濃)から名古屋まで遥々お引っ越ししてきたのですね。




囲炉裏
↑囲炉裏端ではお店の方がお裁縫をする光景も

年季の入った太く大きな梁や鴨居が、この古民家をずっと支えてきたかと思うと
とても感慨深いですね。
こちらでは、カフェスペースの横に、こちらのオーナーの手作り小物やアクセサリーが
ズラッと並べられ、販売されています。
もうお母さんとお買い物に夢中で、主人はそっちのけ、笑。
でも、教室で使用できそうな可愛いティーナプキンやブラジルの手刺繍の小物に
出会えたので、これも主人のおかげだと感謝
店内には、花器や骨董品やお着物などが所狭しと置かれていて、
特に女性を楽しませてくれそうですよ。




玄関
↑わびさびを感じる落ち着いた玄関

さて営業のご案内ですが、こちらは期間限定のカフェとなります。
なぜ夏と冬は閉店なの?と思われる方も多いはず。
それは、この古民家が「夏は蚊が多く冬は暖房がきかない」という理由だそう。
なるほど~。
でも、むしろ期限がある方が、人は行きたくなるものなのかもしれませんね、
少なくとも私は。。。笑






外観
↑名古屋に居ることを忘れてしまうような風景

こちらが、先程までお茶とお買い物を楽しんでいた古民家です。
何だか知る人ぞ知る山里の隠れ家カフェといった感じでしょ。





お庭
↑沢山の草花が、私達を楽しませてくれました

オーナーのお計らいで、ご自宅のお庭の方も見せて頂けることに。
山の斜面を上手く利用されていて、歩きながら草花を愛でる事ができます。
この時は、多種類の椿の花がとても綺麗でした。
春が来たんだなぁと実感





店先
↑山道の途中で、この看板に出会えます

楽しい時間を名残惜しみながら、家路へ。
今度は秋にまた訪れたいと思っています。
和がお好きな方へおすすめのカフェです



◯ カフェ・雑貨 なごみ ◯
住所:名古屋市天白区八幡山127
TEL:052-832-7221
営業案内:3月~5月 9月~11月(9:30~17:00 土・日・月)

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
https://blogputney.blog.fc2.com/tb.php/1180-4dd0ab15
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

小川 忍

Author:小川 忍
SHINOBU OGAWA
10月生まれの天秤座。
2006年より 紅茶・フルート教室
「putney saloon」主宰。
八事教室、教育機関、出張教室等で活動。
パットニーサルーンホームページ

putney カレンダー

09 ≪│2020/10│≫ 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

Copyright © 小川 忍