FC2ブログ

☆本・生食パン☆

やわらか~い


皆さんももうご存じかと思いますが、名古屋の松坂屋本店南館2階が、
2019年3月20日に「KiKiYOCOCHO(キキヨコチョ)」としてリニューアルしました。
小さな店舗が、まるで可愛い村のように並んでいて、
老舗百貨店にあるとは思えない、心ときめくフロアです

看板
↑フランフランの前にある、この看板が目印です。

その中で気になっていたお店が、
食パン専門店「ポールボキューズ キャレ(PAUL BOCUSE Carre)」!
ポール・ボキューズは、フランスのリヨン近郊にある
レストラン「ポール・ボキューズ」のオーナー3つ星シェフ
そんなポールボキューズベーカリーの製パン技術で出来たパンを
購入することが出来るのです。
ポールボキューズと大丸松坂屋がコラボした、
全国初のお店の様です。








生食パン
↑商品は、高級生食パンの「本・生食パン」一本のみ(972円税込)

こちらの食パンは、添加物や保存料を一切使用していません。
【小麦粉】は、食パン用高級小麦粉に国産米粉を配合。
【乳製品】は、北海道産の生クリームや北海道産練乳などを使用。
【製法】は、時間を掛けて発酵するとのこと。

また、耳まで柔らかく焼き上げる為に一度に窯に入れる本数を限定し、
一本一本丁寧に焼き上げているそうです。
そんな逸品は、販売時間の前に整理券が配られ1時間毎に約30本ほど販売されます。
私も何度かトライしましたが、既にお店の前に行列が出来ていることが殆どなので、
早くからスタンバイしていないと、なかなかタイミング良く購入することは難しいと思われます。







サンドイッチ
↑サンドイッチにして朝食に

しっとりふわふわ、柔らかくてもっちもち
そして、ほんのり甘みも感じます。
この優しい味わいと食感、もうとまりません。
一日目はそのままでとの事なので、帰ってすぐそのままおやつに頂きました。
何もつけなくても、本当に美味し~い

翌朝は、タマゴサンドにしました
見て下さい!このくらい薄く切ると自然に半分に折れてくれるので、
逆からフィリングがこぼれ落ちることなくスマートに食べられます。
それ位しっとりしているのです



トースト
↑冷凍してもトーストすれば元のふんわり感が戻ります

2日目はトーストすると美味しいそうなので、
3日目でしたが、朝、チーズをのせて焼きました。
サクッとしながらもしっとり感はそのままで、ふんわ~りした食感がたまりません!!!
それ以降はスライスして一枚ずつ密閉し冷凍保存が望ましいようですよ。

こだわりと自信と情熱を注ぎ込んだ「本・生食パン」は紅茶にもピッタリ。
百貨店にある、小さな村のパン屋さん。
ぜひ、お試しになってみて下さい

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
https://blogputney.blog.fc2.com/tb.php/1392-7acc1863
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

小川 忍

Author:小川 忍
SHINOBU OGAWA
10月生まれの天秤座。
2006年より 紅茶・フルート教室
「putney saloon」主宰。
八事教室、教育機関、出張教室等で活動。
パットニーサルーンホームページ

putney カレンダー

10 ≪│2020/11│≫ 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

Copyright © 小川 忍