FC2ブログ

☆ロンドン・ロケ地めぐり☆

映画の舞台


映画好きな私がご紹介する、ロンドンを舞台にした映画の撮影場所です
ミーハーですが、映画の世界をリアルに体験できるところに
どうしても興奮してしまうのです(笑)


ブリジットジョーンズの日記2
↑映画「ブリジット・ジョーンズの日記2」 パブの2階が主人公・ブリジットのアパートです。


女の子なら誰もが共感する、私も大好きな「ブリジット・ジョーンズの日記」
ロンドンに住む、30代独身女性のブリジット・ジョーンズ(レニー・ゼルウィガー)の
日常生活を描いたラブストーリです。
個人的には彼女の恋人マークを演じている、コリン・ファースが好きで観ていました

ここは、1872年にオープンしたパブ『グローブ』。
この2階にブリジットが住んでいる設定でした。
ゴシック様式が、当時の雰囲気を醸し出していましたよ。

London Bridge駅から、徒歩1分です。



ノッティングヒルの恋人
↑「ノッティングヒルズの恋人」 ウィリアムが一人で映画を見ていたシーンの映画館です。


世界一有名な女優のアナ(ジュリア・ロバーツ)と書店のウィリアム(ヒュー・グラント)の
ラブストーリーです。
「ローマの休日」の現代版の様なお話に、観入ってしまった映画です。
アナと会えなくなって、ウィリアムが一人寂しく映画を観るシーン。
その映画館がここ『コロネ・シネマ』です。
1898年オープンで、最も歴史のある円形の映画館だそうです。

この日は、近くにあるポート・ベローのアンティーク市でお買い物。
その帰りに立ち寄ってみました
ヒュー・グラント出てこないかなぁ~なんて妄想しながら(笑)


Notting Hill Gate駅から、徒歩1分です。



ハリーポッター
↑「ハリーポッター」 魔法学校へ入る前に叔母の一家と訪れた動物園です。

全世界で社会現象となったこの映画。
『ロンドン動物園』では、ヘビと会話ができることに気付いたハリーが
魔法を使ってヘビを逃がしてしまうというシーン


この動物園は、2005年にスペシャルイベントで、「人間動物園」を誕生させたことでも
話題になりました。
イチジクの葉などで裸体を隠しただけのボランティアの男女8人が
ヒト本来の生態を見せるという趣向で、日本のニュースでも取り沙汰されていました。

Camden Town駅から、徒歩10分です。



また、映画ではありませんが、渡英前に読んだ小説「ダヴィンチ・コード」の
ロンドンでの現場へ足を運んだ時はイメージ通りで
鳥肌がたつほど感動したのを憶えています。


日本にもそういう場所はたくさんありますよね!
邦画『自由戀愛』では、犬山にある明治村の建造物が
多く使われていて、何だか嬉しくなります。(なんせ明治村好きですから)


ご紹介したのは、メジャーな映画の舞台です。
気になった方、もう一度映画を見て、これらの写真のシーンを
見つけてみて下さいね

Comment

2011.01.27 Thu 13:52  |  お久しぶりです!

ふと、Blogにおじゃましてみましたら、大好きな映画の舞台の内容で嬉しいです。
私は、ヒューグラント好きなので、どちらの作品もしっかり見ました。
なので、興味深く読ませて頂きました。
是非第2回も、よろしくね~!!

  • #-
  • sayoko
  • URL

2011.01.27 Thu 18:50  |  

sayokoさん、コメントありがとうございます。
今日もレッスン後、時間があったので映画を2本みました。
またお伝えできればと、思ってます☆

  • #-
  • putney saloon
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
https://blogputney.blog.fc2.com/tb.php/472-1e1d0061
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

小川 忍

Author:小川 忍
SHINOBU OGAWA
10月生まれの天秤座。
2006年より 紅茶・フルート教室
「putney saloon」主宰。
八事教室、教育機関、出張教室等で活動。
パットニーサルーンホームページ

putney カレンダー

09 ≪│2020/10│≫ 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

Copyright © 小川 忍