FC2ブログ

☆中京大学 公開講座☆

犬山城と生きる


昨日は、愛知県に3つある国宝の内の1つ「犬山城」についての公開講座があったので
参加してきました。
お城好きなもので


中京大学キャンパス内
↑明るく開放感のある、中京大学・名古屋キャンパス


場所は、中京大学名古屋キャンパス。
地下鉄八事駅から直結しているので、雨の日も安心



リーフレット
↑第12代犬山城主 成瀬正俊の長女 成瀬淳子さん。

犬山城は、織田信長の叔父信康によって創建され
1617年尾張徳川家に仕えた成瀬正成が拝領したそうです。
それから2004年までの間、国内で唯一個人所有のお城として守られてきました。
しかし、資金面から財団化にふみきり
2004年3月、これまた国内唯一の財団保有のお城となった訳です。
そして、この日公演して下さったのは、この財団の理事長となった
成瀬家長女の成瀬淳子さんでした。

成瀬家の誕生は、足助の成瀬川の産湯のつかったことから生まれたそうで
初代成瀬基久から12代正俊(淳子さんのお父様)まで代々続いているそうです。
「血は水よりも濃い」と云われながら、浮世離れした家庭環境で育った生い立ちや
財団化に踏み切る際の、12代目とのやりとり、また、この時代になっても徳川家に
お許しを頂きに行った話など、とても興味深い内容でした。



431教室
↑収容人数530名を超える広い教室です。


お城の構造については、あまり話がなく残念に思っていたところ
皆さんもそう思っていらしたのか、耐震や修繕等の質問が出て
お話が聞けたので安心しましたが・・・
耐震については、濃尾震災後に耐震補強したのですが
昭和の大修繕の際に「元のお城には無いものを付けてはいけない」ということで
すべて取り払ってしまったそう。
安心できないご様子でした

そして、成瀬淳子さんおすすめの「犬山城の見どころ!」7ヶ所を教えて頂きました
では簡単に!

1、大手門いこいの広場からの犬山城の眺め
2、戒めの扉
3、上段の間の畳
4、桃の瓦を探す
5、小牧山城を眺める
6、銅板を観る
7、対岸(鵜沼川)から城を眺める

再度、犬山城を訪れて、チェックしてみようかなっ


以前足を運んだ「岩村城」の女城主には会えませんが
こうして犬山城の女城主に会うことができて
嬉しかったです

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
https://blogputney.blog.fc2.com/tb.php/485-d7fbbf93
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

小川 忍

Author:小川 忍
SHINOBU OGAWA
10月生まれの天秤座。
2006年より 紅茶・フルート教室
「putney saloon」主宰。
八事教室、教育機関、出張教室等で活動。
パットニーサルーンホームページ

putney カレンダー

10 ≪│2020/11│≫ 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

Copyright © 小川 忍