FC2ブログ

☆ボストン紀行1☆

ボストンの町並み


日本から約15時間のフライトで、アメリカ・マサチューセッツ州にあるボストンへ行ってきました。
まずは、古都ボストンの町並みをご紹介します。


チャールズリバー
↑ケンブリッジ側から観たチャールズ川の対岸は、ボストンの中心地。


イギリス人の清教徒たちが築いた、アメリカでもっとも古い歴史を誇る都市のひとつがボストン。
アメリカ北東部にある6州から成るニューイングランド地方の中心都市だそうです。
ボストンの北にあるMIT(マサチューセッツ工科大学)前から観たこの景色は
絶好の撮影スポットのようです。



ボストンハーバー
↑ボストンの西、ローガン空港が眺められるボストンハーバー。


大西洋を眺めながら、飛行機の離発着が楽しめるウォーターフロントです。
少し南へ下って行くと、ニューイングランド水族館や子供博物館があります。
そして、今回訪れてみたかったボストンティーパーティー事件のミュージアムもあるはずでした
が…
火事により焼失!
跡地を観ながら、当時の様子をあれこれ妄想していました(笑)



ダウンタウン
↑ウォーターフロントからダウンタウンへ。


ウォーターフロントから東の方角へ足を進めると
あっという間に高いビルが立ち並ぶダウンタウンに辿り着きます。
フリーダムトレイルの主要スポットなどが続く、とても賑やかな場所になります。



ビーコンヒル
↑落ち着きのあるレンガ造りの高級住宅街。


ダウンタウンのお隣にあるボストンの中心エリア、ビーコンヒル。
ここから、奴隷制度廃止の声が上がったそうです。
それにしても、アメリカとは思えない、ヨーロッパの佇まいに驚きです。




ピザ屋さん
↑町並みにお似合いのピザ屋さんの宅配自転車。


レンガの歩道を歩いている時、ふと目に留まったこの自転車。
街の風情にとても良く合った、ピザ屋さんの宅配自転車でした。
オシャレですね☆



ボストンの空
↑空を見上げても、素敵がいっぱい。


日本との時差は-13時間(サマータイム)。
今ごろ日本は朝の・・・なんて空を見上げたら、センスの良いお店の看板や街路灯。
街を歩くだけで、ワクワクしてしまいます。

そんな素敵な街ボストンを
次の更新より、クローズアップしていこうと思います!

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
https://blogputney.blog.fc2.com/tb.php/489-9e5b8c14
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

小川 忍

Author:小川 忍
SHINOBU OGAWA
10月生まれの天秤座。
2006年より 紅茶・フルート教室
「putney saloon」主宰。
八事教室、教育機関、出張教室等で活動。
パットニーサルーンホームページ

putney カレンダー

10 ≪│2020/11│≫ 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

Copyright © 小川 忍