FC2ブログ

☆2013年・豊橋製茶体験☆

今年も行ってきました!


先週の土曜日に開催した豊橋での製茶体験。
台風の心配も杞憂に終わり、世界出一つだけの紅茶を作るため
名古屋・一宮・岐阜から皆さんが集まって下さいました



萎凋
↑事前に摘採した茶葉の水分を飛ばす萎凋作業。

今年でこの体験会も3度目。
いつもお世話になっている「ごとう製茶」のご夫妻と息子さんも笑顔で出迎えて下さり、
またお邪魔することができてとても嬉しかったです。
さて早速、萎凋した茶葉を量ってから、1時間ほど揉む作業を行っていきま~す!





揉捻作業1
↑小学生の女の子達も頑張って揉んでいます

今年使用した茶葉は“さやまかおり”と、10%ほど“やえほ”をブレンドしたもの
昨年の“ゆたかみどり”とはまた違った味わいが楽しめそうです。





揉捻作業2
↑親子でご参加、楽しそう

この度の茶葉の品種は、長い時間揉まなくても大丈夫と言われましたが、
やっぱり大変
親子で代わりばんこが賢明です。





ミント紅茶
↑ミントの葉を入れて香り付け

私はちょっと実験で、揉捻途中の茶葉を少しだけ違うカゴに移し
そこへフレッシュミントを入れて一緒に揉んでみました。
とっても爽やかな香りが漂い、蒸し暑さで汗だくの同じテーブルの方々は
一瞬元気を取り戻しました(笑)
さすがハーブの力!!






レクチャー風景
↑発酵の間のひととき。。。

さて、片手で持てるほどに萎れたところで布にくるみ発酵させます。
その間は緑茶作りを見学。
お茶ってこうやってできるんだ~と、皆さん興味津々の様子でした。






昼食
↑今年も楽しみにしていたランチタイム

お茶で作った昼食をご用意頂きました。
今年は茶葉と一緒に揚げたポテトフライとお茶キムチが初登場
特にキムチはほろ苦さと後味のさっぱり感がとても程よく、食欲もアップさせてくれて
箸が進みましたよ
デザートには、いつものお茶のフローズンヨーグルトを






完成写真
↑乾燥後の完成した紅茶の葉

そうこうしていたら発酵が済み、無事色・香り共に紅茶らしく変身
その後ホットプレートで乾燥させてから仕上げに機械で乾燥させ紅茶が完成しました





テイスティング
↑出来上がった紅茶を飲み比べ

同じ品種の茶葉を使用したとはいえ、各々揉捻・発酵・乾燥具合で違いが出ます。
どの紅茶が一番美味しいかな?
ちなみにハーブ紅茶は、揉んでいた時よりもミントの香りがほんのり程度で、
ごとう夫妻と「もう少し入ミントを入れても大丈夫そうだね」という実験結果を出しました。
私は英国でオイルを添加する香り付けのブレンドしか体験できなかったので、
これはとても刺激的な経験となりました




パッケージ写真
↑個性的なパッケージに

食事前に作成したラベルを袋に詰めたら出来上がり!






集合写真
↑完成した紅茶を持って記念撮影(私は撮影者に)

今年も、とっても明るく良い雰囲気で何事も無く紅茶を完成させる事が出来て
ほっとひと安心
どうぞ完成させた国産紅茶で持て成しながら、ご家族やお友達にお茶の素晴らしさを
お話してみて下さいね。
お疲れ様でした

そして ごとう製茶さん、今年も大変お世話になり
どうも有難うございました

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
https://blogputney.blog.fc2.com/tb.php/793-664a9ab7
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

小川 忍

Author:小川 忍
SHINOBU OGAWA
10月生まれの天秤座。
2006年より 紅茶・フルート教室
「putney saloon」主宰。
八事教室、教育機関、出張教室等で活動。
パットニーサルーンホームページ

putney カレンダー

10 ≪│2020/11│≫ 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

Copyright © 小川 忍